7割はサイズ違いのブラ!?あなたもチェック!

  • 2017/4/24

私たちが毎日お世話になっているブラ。実は、女性の7割が自分のサイズに合ってないブラを着けているそうです。さぁ、自分のブラを見直してみましょう。以下の項目に当てはまるものはありませんか?

・何気ないときにストラップが落ちてしまう
・アンダーが後ろ上がりになってしまう
・軽く飛んだり動いたりしたときに、大きく胸が揺れてしまう
・うつむいたとき、カップが胸から浮いてしまう
・腕を上げたときに、ズルッとブラが上がってしまう
・お肉が脇からはみ出てしまう

当てはまるものが1つでもある人は、ブラが自分のサイズに合ってないですよ。原因と対策をチェックしましょう。

【何気ないときにストラップが落ちてしまう】

ブラを着けてみて、ストラップがゆるくなっている場合は調節しましょう。また、ストラップ位置が合ってない場合は、アンダーサイズが合わなくなったことが考えられます。アンダーを1サイズ小さいものにしましょう。なで肩の人は、もともとストラップが落ちやすいです。ストラップ幅が広めのものの方が、肩から落ちづらいのでお試しください。

【アンダーが後ろ上がりになってしまう】

ブラを着けてみて、ストラップを引っ張りすぎている場合は長さを調節しましょう。アンダーサイズが大きくて体にフィットしていない時も、アンダーが後ろ上がりになってしまいます。その場合は、アンダーを1サイズ小さいものにしましょう。カップサイズが小さくなったようでしたら、カップを1サイズ大きいものに替えましょう。

【軽く飛んだり動いたりしたときに、大きく胸が揺れてしまう】

カップサイズが小さいか、ブラ全体のサイズが大きい場合が考えられます。自分のサイズに合ったものに替えましょう。左右の胸の大きさが違うときは、パッドを入れて調節するのもおすすめです。

【うつむいたとき、カップが胸から浮いてしまう】

ブラを着けてみて、ストラップがゆるい場合はストラップの長さを調節しましょう。また、ブラ全体のサイズが大きい場合もあるので、自分のサイズに合ったブラに替えましょう。

【腕を上げたときに、ズルッとブラが上がってしまう】

ストラップを引っ張りすぎている場合は、ストラップの長さを調節しましょう。また、アンダーサイズが大きい場合もカップが浮いてしまいます。アンダーを1サイズ小さいものに替えると改善されます。

【お肉が脇からはみ出てしまう】

カップサイズが小さいと、ブラの脇からはみ出てしまいます。カップを1サイズ大きいものにしましょう。

ちなみに、ストラップの長さを調整しても改善されないときは、ブラの替え時のサインです。他にも、見た目がくたびれていたり、カップがしわしわだったり、サイドのメッシュやゴムが伸びたり薄くなっていたり、ワイヤーが変形しているものには、お礼を言ってさよならしましょう。

正しいサイズのブラを着けることで、自分のなりたい胸に近づくことができます。周りからは見えないところですが、手を抜かずにいきたいところですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…
  2. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  3. 福島県いわき市湯本にあるスパリゾートハワイアンズは、常夏の屋内プールや温泉施設などからなる巨大リゾー…
  4. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  5. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  6. フレンチネイル
    春はオシャレをしたくなる季節ですね! 桜の色や新緑の色など、街にも鮮やかな色が溢れかえる季節です。…
  7. ジェルネイルってサロンでしてもらうと値段も高いし定期的に通う必要が出てきますよね。 だったらお手頃…
  8. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  9. A型のダイエット食品
    血液型によって食べ方や運動方法を変えるとダイエットになる!! それが血液型別ダイエットです。今回は…
  10. コンドミニアム
    ‘マレーシア’というと皆さんは何が浮かびますか? 私にとってマレーシアは、正直‘未開な国’とい…

カテゴリー

ページ上部へ戻る