肉食系!イタリア女性に学ぶ、恋愛テクニック

  • 2016/12/26

アナタには恋愛の悩みはありますか?
好きな人に対して積極的になれない、アプローチの仕方がわからない・・・いろいろ悩みはあると思いますが、もしかしたらイタリア女性の恋愛テクニック、そんなアナタの役にたつかも!

恋愛に積極的で恋を楽しむ事にかけては、ピカイチのセンスがあるイタリア人女性。
ぜひ彼女たちのテクニックを盗んで、アナタも恋を成就させましょう!

■イタリア人女性は肉食系?

イタリアと言えば「アモーレ(愛)」の国。そこに生きるイタリア人女性たちは、肉食系と言うよりは、猛獣系と言っても過言でないくらい恋愛には積極的です。
イタリア人女性全員が・・・とは言いませんが、好きになったらその気持ちを隠さない、ありとあらゆる手でアプローチをする様子は、狙った獲物を狩りする肉食動物そのものです。
しかし、そこにいやらしさや必死さは見えないのが、イタリア人女性のすごいところです。
今回は、ぜひ取り入れたいイタリア人女性の恋愛テクニックをご紹介していきます。

■ぜひ真似したい4つの恋愛テクニック

①褒める
イタリア人女性はとっても褒め上手。でも、すべての男性に対してお世辞を言うなんて事はしません。
あくまで、自分が好きな男性、気になっている男性を褒めるんです。
「頼りがいがあるわね」
「いつもお洒落で素敵」
「あなたが一番素敵よ」
そんな風に、ピンで褒めるので、言われた男性はそれがお世辞じゃないのがわかります。
男性は、シンプルなイキモノ。
相手に好意を持たれているのがわかれば、自然とその女性が気になってくるんですよね。
アナタもぜひ、気になる彼「だけ」を褒めてみましょう。出来れば人がいる前で・・・。

②好きな気持ちを隠さない
イタリア(だけでなく欧米全般)では、日本のように「好きです。付き合ってください」と言う言葉を交わしてから、カップルになると言う風習はありません。
なので、恋人関係になる前に、深い関係になり、体の相性も含めて恋人として付き合うかどうかを決めるんですよね。
中には、恋人関係である事を確認してから、次のステップに進む人もいますが、マイノリティです。
ですからイタリア人女性は
「アナタが好きよ?アナタは私をどう思う?良かったら週末でかけない?」と積極的に誘います。
ただ単に「映画にいこう」「ドライブに連れていって」ではないんですね。
好きだから、一緒にいたい、その気持ちを隠しません。

日本ではいきなり「好きだから一緒に出掛けよう」と言うのは、アピールが強すぎるかもしれません。
でも「○○さんってと出かけたら楽しいだろうな」くらいの積極さがあれば、大きくコマを進める事が出来るのではないでしょうか?

③ギャップのアピール
積極的で駆け引きしない直球的なイメージがあるイタリア人女性ですが、ギャップをアピールと言うちょっとテクニカルな事もするんです。
いつもは、ナチュラルメイクなのに、彼と会う時は、ばっちりフェミニンにセクシーに、逆にいつもセクシー路線でいっている人なら、彼の前でだけあえてラフな服装をする。
これがなぜ効果的かと言うと、男性と言うのはギャップに弱く、そのギャップを見せる事で、特別感を感じるからです。

④手料理を振る舞う
イタリアは美食の国です。そして日本のようにファミレスやコンビニががあるわけではありませんし、デートの度にレストランに行くと言うカップルは稀です。
そのせいもあり、イタリア人女性は「もうひと押し」の状態になると、気になる彼を自宅に呼び料理を振る舞います。
自分の腕に自信がある女性が多いのですが、男性はやはり「これがうちの味よ」と食事を振る舞われると、特別感を感じるんですね。
これは、女性だけでなく男性が使うテクニックでもあります。
でもポイントは、その日はアクションは起こさず、ただ食事を振る舞っておしまいです。
食事を口実に家に招くのではなく、本当に食事を振る舞う潔さが好感を高めます。
男性にしてみれば「あれ?」と少し肩透かしをくらった気分になりますが、その日からアナタの事が気になって仕方ないはず。
この点をしっかり見習いたいですね。

いかがでしたか?イタリア人女性の恋愛テクニックを4つご紹介させていただきました。
年齢を重ねても、セクシーでお洒落で、そして恋を楽しむイタリア人女性、アナタもぜひ彼女たちのテクニックを取り入れてアナタもぜひ意中の彼にアプローチしてみてくださいね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…
  2. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  3. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  4. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…
  5. 近頃は、結婚式の形もいろいろと変化し、昔のように盛大に豪華にあげるといったことも少なくなってきました…
  6. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  7. コーヒー
    子供の頃、三時のおやつと聞けばおなかが空いていなくてもつい嬉しくなっちゃいましたよね。大人になって、…
  8. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  9. 冷凍技術の進化のおかげで最近の冷凍食品のクオリティはますます上がっています。 これを上手く活用しな…
  10. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…

カテゴリー

ページ上部へ戻る