アメリカンフードのトレンド 本物志向とロハス

  • 2017/2/22

今や、アメリカに旅行する人もたくさんいますよね?旅先でみなさん、何に1番困りますか?事前に、その観光地の情報を調べて行っていても、結局、日本の馴染あるあの味とは違い、どこか濃い味、オイリー過ぎて、重かったり。あぁ、和食食べたいって思うことありませんか?もしかしたら、選ぶお店を変えることで、新しい発見があるかもしれませんよ。

アメリカでは、こってりハイカロリーフードは人気降下中?!
ここ数年、アメリカでは「ロハスな生活」が流行っています。
環境と健康に気をつけ、自分の体にも自然にも優しくありましょう。という生活です。例えば、カリフォルニア生まれの「Jamba Juice」(ジャンバジュース)という、スムージー専門のお店があります。
生のフルーツを使って、リクエスト次第で食物繊維やビタミンも配合してくれる、ヘルシースムージーのお店。香料も砂糖も使ってないので、とてもヘルシーなんです。アメリカの女性たちはこうして、今までのように、Lサイズのソーダを片手に〜から、スムージーを飲む方向に変化してきています。
そして、私のお気に入りのお店が「Tutti Frutti」と「Yogurtland」いうフローズンヨーグルトのお店です。どちらもカリフォルニアから生まれたお店で、自分で容器のサイズを選び、たくさんの種類のフレーバーから、好きなだけ入れてお会計をする、量り売りスタイルなんです。アイスクリーム大好きなアメリカ人。カロリーは気になるけど、食べたい!そこで、アイスクリームよりも、かなりカロリーの低いヨーグルトで、アイスクリームを作っちゃったんです。
こちら、しかも美味しいんです。いつも、アメリカのアイスクームというと、ドーンっと食べきれない量を出されるイメージですが、こちらは自分で食べきれる量を、選んで食べられるので、食べ過ぎる心配もありません。

ハンバーガーも本物志向?
アメリカと言ったら、ハンバーガー。マクドナルド始め、バーガーキング、Jack In The Boxなどなど・・・。でも最近は、本物志向なんです。
こちら、「In-N-Out Burger」(イン・アンド・アウト・バーガー)というお店。メニューは、何と3種類しかないんです。ハンバーガー、チーズバーガー。そして、ダブルダブルという、パティとチーズが2枚ずつ入るハンバーガー。あとは、ポテトとドリンクのみ。こちらのお店のすごいところは、オーダー受けてから作るというスタイルと、ポテトは完全に、各お店でカットしているんです。こだわりは、冷凍食材を使わないこと。電子レンジがないことです。注文してから作ってくれるので、パティ抜きとか、野菜のトッピングのリクエストなど、自分の好みでカスタマイズできます。驚きなのが、お味です。かなりジューシーで美味しいです。お肉の味がしっかりしていますが、脂っこくないんです。そんなにサイズも大きくないですし、女子でも残さず食べきれる量だと思います。

Food Network アメリカ版・料理の鉄人
アメリカにはFood Networkという、1日中、食べ物に関して放送しているテレビ番組があります。そこで人気の番組がなんと、覚えている方、どれくらいいるのでしょうか?かつて日本でも流行った番組、「料理の鉄人」のアメリカ版なんです。その名も「Iron Chef America」と言います。
番組内容は、日本と全く同じで、鉄人が毎回、挑戦者とフード対決をします。
この番組、結構今でも人気がある番組で、鉄人はもちろん、挑戦者の経営するレストランは大人気です。アメリカ人も、グルメな人が増えたってことですよね?特に人気なのは、Bobby Flay(ボビー・フレイ)というシェフなんですが、彼自身も数店舗レストラン経営をしています。有名なのが、MESA GRILL(ミサ・グリル)というお店です。彼は、日本の料理の鉄人にも出演したことがある、日本の味もよく知るシェフです。

このように、アメリカの「食」は常に変化し続けています。もちろん、守り続けているソウルフードもありますが、今では、アメリカのフードは〇〇とは言い切れないくらい、いろんなバリエーションがあります。毎回、アメリカに行く度、新しい発見もあります。ぜひみなさんも、ご自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  2. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  3. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  4. 気候が暑くなってくると、セクシーな服も着たくなりますよね。でもいざミニスカートを穿いて、自分の足のシ…
  5. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  6. 最果て
    グローバル化がすすむ中で日本人に求められていることはなにか? といった議論はあちこちで耳にします。…
  7. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  8. アロマオイル
    皆さん日常的にアロマオイルを焚いたりして、ストレス解消に役立ててないですか? じつは、そのアロマオ…
  9. ○とろける食感はまさに夢心地! 皆さんアイスは好きですか? 今では1年中食べますが、やっぱり陽気…
  10. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…

カテゴリー

ページ上部へ戻る