流行りのメイクで今年の夏顔をキレイにつくろう!

  • 2016/8/1

お洋服やヘアスタイルに流行りがあるように、メイクも常に時代に合わせて動いています。
歳を重ねるとなかなか若いときのメイクのままだと浮いてしまうし、メイクってとっても重要!
今回は年齢、顔立ちにあったメイクで流行り顔も作れるコツをご紹介します。

-おさえるべきは”艶感”2016年の夏メイク-
このところ流行りだったマットなメイクも陰り出し、夏本番!艶感のあるメイクをジューシーに仕上げるのが、この夏のメイクのおさえるべきポイントです。
マットな口紅が流行った2014~2015年ですが、2016年はグロスブームが再発。

濃い色のグロスをリップラインより少し大きめにとり、その中を埋めるようにこってりグロスをのばしましょう。
ぽってりジューシーな唇は夏にはぴったりのメイクの1つです。
そして目元はあまり濃くせずに、薄めのアイシャドウを重ねづけしてグラデーションをつくります。

薄く重ねづけすることでふんわりした色気は残したまま、歳を重ねて重くなった目元もスッキリハリのあるメイクに仕上げることができるのが嬉しいですよね。
そして最後にラメやパールをシャドーを塗った上から少し大きめに重ねます。
そうすることで目元に艶がで、夏らしい+現在っぽい顔の完成です。

それにプラスして、グリーンやブルーの涼しいカラーを目尻に長めにひいても可愛いですよ。
そして一番肝心なベースづくり。
せっかく可愛いメイクににしても、汗でお化粧が崩れては残念ですよね。

今はファンデーションだけではなく、BBクリームやCCクリームといった使える優秀アイテムがいっぱいでています。
ファンデーションより重くならず、自然なベースメイクを作れるのがこのアイテムの特徴。

塗るときは顔全体ではなく、顔のラインを中心をメインに塗り、そこからフェイスラインに向けて薄く伸ばしていくのがポイントです。
そのあと気になる部分だけコンシーラーでカバーすれば、ナチュラルなのに隠したいところはしっかり隠せる嬉しい効果が。
また、ベースメイクの前の下地作りとして、必ず保湿はしっかりしましょう。

その際に一番大事なのはズバリなんといっても化粧水!
1回だけでなく、できれば3回くらい顔にパッティング、またはスプレーをして、手のひらでおさえつけて顔が冷たくなっていたらしっかり奥まで保湿されているサインです。
そのあとベタつかないタイプの乳液と日焼け止めでカバーしたあと、ベースメイクにうつりましょう。

しっかり保湿をしないと、ファンデーションやBBクリームの下から乾燥して、肌がよれたり崩れたり…なんてことも。
そのためにも保湿は絶必です。

ベースメイク+流行りメイクであなたにあった今年の夏顔を完成させてください

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  2. 春夏定番服
    春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  3. ハンドクリーム
    体の末端のお手入れがきちんとできている女性は美しいと言いますが、皆さんの毛先、手先、足先は如何ですか…
  4. 美術館
    京都と大阪の境目・大山崎を阪急電車で通ると、天下分け目の戦いで有名な天王山を見ることができます。 …
  5. 名古屋のモーニングセット
    旅行先で訪れたいカフェ、今回は名古屋編です。 ちょっと狭い地域でピンポイントにリストアップしてみま…
  6. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  7. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  8. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…
  9. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  10. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…

カテゴリー

ページ上部へ戻る