大人の女性の小道具 ブローチの新しい使い方

  • 2016/7/11

「ピアス」や「ペンダント」は、たくさん持っているし、出番が多いけれども、そういえば「ブローチ」はつけない、という方はいらっしゃいませんか。ウインドーディスプレイされているのを眺めていれば、「きれいだな」とおもう反面、どのように使えばよいかわからないのが本音ではないでしょうか。ですが、ちょっとした法則を知るだけで、これまでよりも、もっとコーディネートの幅が広がるのです。

1.「帽子」や「ストール」などの小物のアクセントに
「ブローチ」といえば、かしこまったジャケットの胸元につけるのが王道ですよね。聡明に見えて、きちんとしている雰囲気を演出するのにもってこいだとおもいます。ただこれだと、ちょっとフォーマル感が強くすぎるかもしれません。そこで襟元ではなく、さりげなく「小物」のアクセントにしてみてはいかがでしょうか。オーソドックスな、「帽子」「バッグ」「ストール」にブローチをひとつあしらうだけで、キラキラとした光に視線が集まり女性らしい印象に。

2.「ヘア・アクセサリー」として
髪をシニヨンにまとめたり、ハーフアップにすると、スワロフスキーやリボンモチーフの「バレッタ」や「クリップ」が登場します。髪飾りを選ぶのは洋服を新調するのとは、すこしだけちがった楽しさがあります。けれども、細工が細かいものをチョイスすると、思わず値段がはるので驚いたことがありました。というわけで、お手持ちの「ブローチ」を「ヘア・アクセサリー」にしてみても。ジュエリーがきらめく本格的な「ブローチ」も素敵ですが、アンティーク風のものや、遊び心まんさいのユニークなデザインを選ぶとフレッシュなイメージに。

3.浴衣や着物の「帯留め」
普段のファッションとはことなり、「和服」をまとえばしっとりと落ち着いたムードになります。ところが、あまりにもクラシカルに傾くと堅苦しく、逆に裾が短かったり、奇抜な模様で「現代風」になりすぎるのも考え物です。そこで「帯留め」を純和風の正統派のものから洋服にあわせる「ブローチ」に変えるだけでずいぶんと垢抜けた装いになるからふしぎです。竹久夢二や中原淳一の描く大正ロマンの世界にも、袴姿の足元がブーツであったり、襟巻きだけが洋風の着物姿の美少女が描かれています。着物だからといって「型」にとらわれすぎず、「和洋折衷」にアレンジして新しい風を吹かせるのは、日本人のお家芸なのかもしれません。

このように、ちょっとした着こなしのアクセントとして、「ブローチ」を使いこなすとエレガントで小粋な女性になれる気がします。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…
  2. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  3. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  4. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  5. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…
  6. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  7. マッピング
    ディズニーランドでも、投影されて話題になった、プロジェクトマッピング!! パソコンで作成したCG・…
  8. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  9. 人間関係はどこにいっても大変です。だけど、逃げてばかりいられないのが人間の辛い現実です。風水は身の回…
  10. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る