GWに巡りたい隠れパワースポット!伊勢神宮の別宮3選

  • 2015/4/16

待ち遠しいゴールデンウィーク!
せっかくですからパワースポットで元気をチャージし運気アップにつとめたいところです。
あいかわらず女性に人気の伊勢神宮、パワースポットの定番ですよね。テレビなどで皇室の方や総理大臣が参拝する様子が映し出されるのは「内宮」なので、一般的な観光客の人気は内宮に集中します。
ですが、伊勢神宮には、あまり知られていないけれども、パワーの強い神社が内宮以外にもたくさんあるんですよ。
今回は、伊勢神宮の別宮(本宮の付属の神社)のなかでもとりわけパワーの強いとされる神社をご紹介します。

1.【まずは外宮を押さえよう!】
伊勢神宮は内宮、外宮を中心に全125の付属の神社と周辺の森林で形成されています。
豊受大御神が祭られている外宮の方から参拝するのが神宮参拝ではよいとされるルート。
外宮界隈はここ最近のパワースポットブームとおととしの式年遷宮のために以前より賑わってきたスポットですので、是非外宮も押さえておきたいところです。

2.【多賀宮(たかのみや)】
外宮の別宮である多賀宮。外宮の境内にあるとはいえ、外宮の南に位置する檜尾山の山頂にありますので観光客もなかなか足を延ばさない神社です(正確には境内別宮の土宮にからさらに98段の石段を登ったところ)。
ですが苦労して山を登る甲斐のある、パワーの強い神社には違いありません。
というのも、外宮に祭られている豊受大御神の「荒魂」が祭られているのですから(外宮本宮の方は和魂)。
荒魂と和魂とは神様の両面性の表現と言ってもいいでしょう。荒々しい力を持ち人々に祟りを起こすような側面が荒魂で、一方、人々に加護を与えるような平和性のある側面が和魂です。
そう聞くと荒魂の神様はちょっとコワイなと感じるかもしれませんが、お参りをする分には大丈夫です。プリミティブな神様のパワーを是非感じて見て下さい。

3.【月夜見宮(つきよみのみや)】
月夜見宮も外宮の別宮です。
外宮の最寄り駅である、JR参宮線および近鉄鳥羽線の伊勢市駅から徒歩10分ほどの位置にありますので、外宮の参拝のついでに訪れることをおすすめします。
こちらもパワーのある神社なのです。

4.【月讀宮(つきよみのみや)】
一方、「内宮」の別宮である月読宮。
近鉄鳥羽線五十鈴川駅から徒歩10分、国道23号線沿いで内宮からは自動車で10分ほどの場所に位置します。
お気づきですか? 先ほどご紹介した月夜見宮(つきよみのみや)と読み方が同じですよね。
別の神社ではあるのですが、祭られている神様がどちらも天照大御神の弟神である「月読」なのです。こちらの神社のパワーもお墨付き。
ちなみに月読宮は、境内に社殿が4つ並ぶ珍しい形式の神社なのでそこにも注目したいところです。

【最後に】
以上、隠れパワースポットとして、伊勢神宮の別宮をご紹介しました。
繰り返すようですが、どれもパワーのある神社です。内宮だけに参拝するのはもったいない!是非足をのばして別宮も参拝して、お伊勢さん観光を楽しんでもらえたらと思います。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 鞄の中身
    皆さんは鞄の中の整理って定期的にしていますか? 一体いつ買ったのかわからないガムやレシートが出てき…
  2. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  3. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  4. 喉越しさっぱりのところてん。 低カロリー食材として昔から有名ですが、この食材はダイエットにも効果が…
  5. 香水
    いい香りは自分の気持ちを幸福にさせ周囲の人をも魅了する力があります。 香水の世界を楽しみましょう!…
  6. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  7. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  8. 老舗旅館の女将さんや、インタビューをうけるタカラジェンヌを見ていて気がついたことがあります。  そ…
  9. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  10. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る