お茶でできることいっぱい!

  • 2015/4/16
日本茶

 普段お茶って飲んでいますか。ハーブティーや紅茶ではなく、そこらに普通に売っている緑茶です。最近はペットボトルで買って飲む人も多いようですが、せっかくならお茶の葉を買って、飲むだけではないお茶の使い方をしてみませんか。

 お茶には実はいろいろな成分が含まれています。カテキン・カフェイン・テアニン・ビタミン類などなど、細かく上げれば10種類以上の成分になります。そしてそれら1つ1つに有効な働きがあるのです。まずは毎日のお茶習慣からどうでしょうか。

 たとえば免疫力を上げ、脂肪を燃焼しやすくします。つまり病気になりにくく太りにくくなるんですね。糖尿病の予防にもなり老化が遅くなるという研究結果も出ています。リラックス作用に虫歯予防作用に動脈硬化の予防作用などなど、1日5~6杯のお茶でこれでもかというほどの健康作用があります。

 こういった作用はそれぞれお薬のように強いものではありません。お茶を飲んだからといって病気が治るわけではありませんし、決して病気にかからないわけでもありません。それでも朝のすっきりした1杯、お昼の休憩の1杯、夜のリラックスしての1杯、その他その他で1杯と飲んでいれば、それだけ病気にかかりにくくなるわけです。

 お茶のすごいところは飲むだけで終わらないことです。飲んだあとのお茶がらをどうしていますか。まあ大抵は捨ててしまいますよね。お茶がらを出汁パックに入れて、それでシンクの掃除をしてみてください。消臭抗菌作用がありますから、シンク内が気持ちよく使えるようになります。まな板を洗うのもお茶がらなら自然で安心ですよ。

 2煎目3煎目ともなるとお茶もさすがにへたっていますが、1煎だけであとは飲まないようなら、2煎目を冷ましてペットボトルに入れておきましょう。お茶はうがい薬としてとても優秀です。やってみればわかりますが、喉がすっきりすると同時に口の中がとてもさっぱりするのです。

 お茶は自然のものですから、時間がたてば湿気ておいしくなくなってしまいます。でも捨てるなんてもったいないですよね。湿気たお茶はまずほうじ茶に再生できます。厚めのフライパンで乾煎りしてみてください。ほうじ茶のいい香りがしてくれば出来上がりです。乾煎りするのは面倒だという貴女には茶鍋がオススメです。出汁パックに余ったお茶の葉を入れて、昆布やカツオと一緒に水をはったお鍋に入れて火にかけます。煮立つ前にお茶や出汁の元をあげて、後は普通に具を入れて食べるだけ。味が足りなければ適当に調整しましょう。

 お茶には消臭作用がありますよね。お皿に広げておいて、レンジでチンしてください。10秒チンしておいておくだけです。魚を焼くグリルの受け皿にお茶をしいて、火にかけても消臭になります。ただし火加減と様子を必ず見ながらにしてください。コップに入れて冷蔵庫に入れておいても消臭剤のかわりになりますよ。

 他にもいろいろなお茶の利用法があります。飲んで良し、飲んだあとも良し、飲めなくなっても良しと、本当に万能選手なのです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  2. 極上お宿プラン
    彼氏、彼女と長期連休には泊まってどこかに行きたいですよね?年始から数えて初めての長期連休は大概ゴール…
  3. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…
  4. きちんと寝てるのに、睡眠時間を取っているのに、朝が何だかだるい。気を使ってバランス良く食事を食べてい…
  5. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  6. スピード感ある現代は、一日があっという間に過ぎてしましますね。 そんな時、食事をするために買物…
  7. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  8. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…
  9. ヴィクトリアは大人の女性に最も参考になるONスタイルを提案していると思います。シルエットやアイテム、…
  10. 女性が見る映画というと、ラブストーリーなどが多いと思いますが、時にはアクション映画を見るのも気分がス…

カテゴリー

ページ上部へ戻る