悩みの種は非常識な新入社員!!

  • 2017/1/5

「おはようございます!」
「よろしくお願いします!」

やる気みなぎる新入社員のハキハキした挨拶は気持ちがよいものです。
早く職場になれようと、初々しくも一生懸命頑張っている姿を見ると応援したくなりますね。

が、新入社員の誰もがそういうわけではありません。中には呆れてしまうような言動をとったり、とんでもないことをやらかしたりする子もいて、ある程度経験を積んできた方の中には頭を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

●もうこれはネタですか? 非常識な新入社員

以前、勤めていた職場の新入社員。お人形さんみたいにかわいらしくて、挨拶もよくできたので最初は好印象。お客様からのウケもよく、上司も期待していました。ある日、職場の掃除の分担について説明していたときのことです。

「トイレ掃除は週に2回、ただ、入った人はその都度汚れていないかチェックします。」
「え? 私がするんですか? 私、トイレなんて掃除したことありません。トイレって基本、汚い場所ですよね。掃除しても汚れるのになんで掃除する必要があるんでしょうか? 」
「学校や家ではトイレ掃除しなかったの? 」
「確かに学校ではやらされましたけど、家では一回もしたことがありません。うちは母も掃除しませんよ。」

その瞬間、その場にいた人たちは目が点に……

「いやあ、いくらなんでもお母さんはあなたの見てないところでやっているでしょう?」
「いいえ、母は『トイレは汚いから掃除しなくていい』と普段から言っています。そもそも私、トイレ掃除をするためにこの会社に入ったわけではありませんから。」

新入社員の非常識さ(Yahoo!知恵袋より)

非常識というのか、世間知らずというのか……第三者的に見ている分にはちょっとぶっとんでいておもしろいのかもしれませんが、同じ職場で働いたり指導したりする立場の人はたまったものではありません。呆れるとか怒るとか通り越して、「もう殺意さえおぼえる」とか「ストレスになりすぎて自分の健康を損ねてしまった」など、極限まで追い詰められてしまう人も中にはいるかもしれません。

●対処方法はあるのか

「自分自身が雇用主」というのであれば、辞めていただくとか思い切った対処ができるのでしょうが、先輩とはいえ同じ同僚。どうにもこうにもどうしようもありません。怒りを抑えつつ、冷静に辛抱強く教え込んでいくか、割り切ってあきらめるか。それとも、上司に激しく訴えるか。

私の経験だと、本当にダメな子であれば、遅かれ早かれ「私にはこの職場が合いません」など言って退職していくような気もします。ただ、中には「大丈夫?」と思っていた子が、周りの温かい指導や自分自身の気づきによって信じられないくらい成長したというケースもあります。ですから、みなさんもすでにわかっていらっしゃるように、確固とした答えなどないのでしょう。

彼らにどう接すればいいかは、自分次第。
もしかしたら、自分が成長するために与えられた大きな試練なのかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 喉越しさっぱりのところてん。 低カロリー食材として昔から有名ですが、この食材はダイエットにも効果が…
  2. レッドコーデ
    この時期には絶対着たい「レッド」!! でもどう着こなそうか?と迷うカラーでもありますよねー! 今…
  3. 東京スカイツリーのお膝元、下町エリアには数多くのパワースポットがあります。そのなかから5つのスポット…
  4. ファミレス
    老若男女問わず利用する安価でおいしいと評判の「ファミリー・レストラン」通称「ファミレス」は私たちの便…
  5. 女子会の旅行
    2015年は6年ぶりのシルバーウィークのある年です!これを逃すと9月の大型連休は2026年までないそ…
  6. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…
  7. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  8. ゴルフ
    みなさん、最近運動してますか?? 仕事や家事、育児に追われてなかなか・・・という方も多いのではない…
  9. 結婚の
    長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて…
  10. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…

カテゴリー

ページ上部へ戻る