20代女子の定番映画5選……その3「プラダを着た悪魔」

  • 2016/7/20

20代女子に観てもらいたい映画第三弾です
 

その3 「プラダを着た悪魔」 2006年

すべての働く女子が共感できる映画——

 
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしニューヨークへとやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)は、マスコミの仕事がしたいと、ファッション誌「ランウェイ」のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントの面接を受ける。大学では優秀な成績を残したが、ファッションにはまったく無頓着のアンディは、「ランウェイ」を読んだこともなければ、ミランダのことも知らないという世間知らず。
おまけに、ダサすぎる服装で面接にやってきたので、ミランダの第1アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)は、アンディは絶対に受かるわけがないと思ったが、なんと予想外に合格し、ミランダの第2アシスタントとして働くことになった。
よろこぶアンディだが、彼女が合格した理由は、2人もアシスタントが辞めたばかりで、早急に人が必要だったからと、いままで何十人と同じタイプの子を雇ったが、みんな辞めてしまったので、「今までとは違うタイプの利口な太った子」をリスクを承知で雇ってみようとミランダが考えたからだった。
その日から、ミランダの横暴な要求に24時間答え続けなければならない、アンディの過酷な日々が始まった……

 
新卒アンディの成長の物語なのですが、仕事をしている女子だったら「あ、それ分かる!」と思うエピソードも多いです。
仕事を始めると、学生の時の友人や恋人と、微妙に考え方がずれていってしまうことがありませんか?
とくに、仕事が面白くて頑張ろうと思っている女子は、アンディに共感できるシーンがあると思います。
アンディは、編集長ミランダに認められたくて必死になって、彼女の無理な要求に答えようとして、恋人や友人と疎遠になっていってしまうのです。

仕事に夢中になれるというのは、ある意味幸せなことです。仕事が面白くなければ夢中になどなれないからです。忙しくて時間に追われて、「もう夕方なの?」と毎日感じる人は、充実した仕事をしているといってもいいでしょう。
ただ、価値観は人それぞれだし、そういう状況を逆にストレスに感じる人もいると思います。
「このままでいいのだろうか?」
という疑問を感じている人にも是非観てもらいたい映画です。

守りたい大切なものというのも人それぞれ。
そして、年齢によっても変わってきます。
20代女子にこの映画を観てもらいたい理由は、人生には無理をしてみることも必要だということ。20代のうちに失敗をするということは、その後の人生にとって大きな宝物になるはずです。
若い人が失敗するなど当たり前の事なのですから、怖がらず挑戦してほしいと思うのです。
人生、失敗せずに、成功はなし。です。

 
この映画のラストで、アンディは、葛藤し、紆余曲折したからこそ、ある答えを見つけることができました。
それは、「自分の人生にとって大切なものはなにか」という疑問の答え。
彼女は、若くしてこの答えを知ることができたのでした。

仕事をする以上、やりたくないことや、嫌いなこともやらねばならない。
それが、社会人というもの。
しかし、これだけは絶対に許せないという「自分にとって大切なこと」があるはず。
その信念を曲げてまで、やるかやらないか、どちらを選ぶかという選択も、これもまた、社会人なら当然なのですが、自分の選択次第なのです。

他人のせいにできない、というのは、逃げ道がなくきついこと。
でも、自分の人生を輝かせるのは、他人などなく、自分自身にしかできないことなのです。

 
この「プラダを着た悪魔」を観た後には、きっとすがすがしい気分になるはず。
「私だったら、違う選択をする」という人もいると思いますが、それはそれで頼もしいこと。
どちらにしろ、主題歌「suddenly I see」の音楽と共に、前向きな気分で会社に出社できるに違いありません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. フレンチネイル
    春はオシャレをしたくなる季節ですね! 桜の色や新緑の色など、街にも鮮やかな色が溢れかえる季節です。…
  2. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  3. 脱毛
    誕生日にTBCのクーポンが送られてきたので気軽にワキの脱毛のお試しを受けました。私自身今通っているサ…
  4. お神輿
    福岡県福岡市の博多地区で毎年7月1日から15日にかけて行われる「博多祇園山笠」。博多では何かに熱中し…
  5. 日帰り旅行
    さーて、今週末は、祝日も重なって3連休。せっかくの休みだし、行ったことがないところに行ってみたいな。…
  6. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  7. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  8. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  9. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  10. 体型カバー
    ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね…

カテゴリー

ページ上部へ戻る