産後離婚する前に!?育児ストレスを夫にぶつけないで済む方法

  • 2015/7/22

子どもが小さいうちには、家庭は戦場です。しかし、ばたばたと立ちまわるのは妻だけで、妻が育児や家事に追われている間、夫は優雅にコーヒーを飲みながらテレビを見ているなんてことになっていたりしませんか。夫はなにもわかっていないのです。それでも幸せというのならそれで構いませんが、不満をためこんでいるのなら、産後離婚は他人事ではないかもしれません。今回は、夫に不満をためこんで育児ストレスを夫にぶつけないで済む方法をご紹介します。

【1.妻のストレスは夫に理解しにくい?】
夫に育児ストレスを理解してほしいと妻が思っていても、夫の側は「仕事さえして経済的に支えているのだから、面倒な妻の愚痴は聞きたくない」と思っていたりいます。「なぜ夫は日頃の私の苦労を理解しようとしないのだ」とイライラするのもわかりますが、そのまえに男性独特の考え方を知ってみてもよいでしょう。男性は、ビジネス的発想を大切にします。つまり、結果を重視するのです。一方、女性は過程を重視する傾向にあります。妻がほしいのは「頑張っている自分を認めてほしい」という気持ちです。それは「過程」を認めてほしいというものですよね。夫に認めてほしい家事や育児の仕事は、結果が見えにくいもの。結果がみえにくいものについて認めてほしくても、結果を重視する男性には難しいものがあるのです。無策で夫に共感を求めるというのは無謀です。ただただイライラすることになりかねませんよ。夫の方も「過程を理解する」という能力以上のものを求められて困惑しているかもしれないということを理解しておきましょう。

【2.夫には要旨をまとめてから伝える】
混乱した気持ちをそのまま夫にぶつけても、よっぽど器の大きい夫でないと妻の気持ちを受け取れません。なので、夫に伝えたいことがあるのなら、先に母親やママ友など、愚痴を言える人にある程度言って発散してから夫に伝えるようにしましょう。夫に伝える際には、脈絡のない話ではなく、きちんと筋の通った話にしておく必要があります。先程も述べましたが夫に「過程」を離しても共感は得られません。過程は子育て中のママ友や子育て経験者の母親に話して共感してもらいましょう。育児経験中もしくは経験済みの女性からならあなたの思う通りの共感が得られるはずですから。

【3.夫になにもかも期待しない】
夫に期待しすぎていませんか。夫への期待は「夫婦ふたりでなんとかしよう」という気持ちの表れでもあるはずです。自分達でなんとかしようという心掛けは立派です。そういう心掛けを持てる自分をひとまず褒めましょう。でも、子育ては、夫婦二人だけで完結させるというより、実家や外部サービス、ママ友など外に援助を求める方がうまくまわります。昔の子育てはどうだったか考えて見て下さい。昔は大家族だったので、おじいちゃんやおばあちゃん、はたまたひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんの手を借りたり、年長の子どもが下の子の面倒をみてくれたり、近所の人の手を借りることができるなど、子育ては夫婦だけの仕事ではなかったはずです。それを現代では夫婦だけでなんとかしようとするので、負担がかかってしまうのです。夫に期待しすぎても、まず夫はあなたの期待に応えられません。おそらく昔のパパ達だって今の夫と同様に夫婦二人だけで子育てする状況に追い込まれても使い物にならなかったはずです。

【さいごに】
夫に不満をためこんで育児ストレスを夫にぶつけないで済む方法、もしくは考え方をいくつかご紹介しました。母親は産んだ瞬間からもしくはお腹に子どもが宿った時からすでに母親ですが、父親は子どもが生まれてすぐ父親になるというものではありません。そんな夫の状態も理解しつつ、上手に育児ストレスを夫に伝えられるといいですよね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. インドアさんの過ごし方
    毎年の長期連休は、ゴールデンウィークがあげられますが、みんながアウトドア派かというと否ですし、お金が…
  2. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…
  3. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  4. モテる
    あなたは今たくさんの男性からお誘いをうけていますか? 男性からモテると毎日がとても楽しくなりますし…
  5. 分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、…
  6. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…
  7. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  8. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  9. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  10. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…

カテゴリー

ページ上部へ戻る