お掃除に大活躍!セスキ炭酸ソーダの活用方法をご紹介!

  • 2016/1/21

セスキ炭酸ソーダを水に溶けやすく、汚れ落ちも抜群なので、セスキ水のスプレーを作っておくといろんな掃除に大活躍します!

ここでは、いろんなお掃除に大活躍するセスキ水のスプレーの作り方と、活用方法をご紹介しちゃいます!セスキ炭酸ソーダってお掃除に使うと便利だってよく聞くんだけど、使い方がわからない・・・という方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

驚きの汚れ落ち!セスキ水スプレーの作り方!
セスキ炭酸ソーダをお掃除に活用するには、まず最初にセスキ水のスプレーを作ってください。作り方はとっても簡単です。まず、百均やホームセンターで、スプレーボトルを購入します。そのボトルに水0.5リットルとセスキ炭酸ソーダを3グラム入れ良く混ぜたら出来上がりです!汚れがひどい時は、セスキ炭酸ソーダをもう少し増やしでもOKです!このセスキ水は一度作ると2か月から3か月までは使用できます。このセスキ水にはアロマオイルを加えても大丈夫です!ただし、アロマオイルを入れるとセスキ水が分離しますので、使用するときには、しっかりシェイクしてから使うようにしましょう!

セスキ水スプレーの活用方法!
セスキ水スプレーを使用すると、台所のいろんなところを綺麗にすることができます。以下に、セスキ水スプレーを使ったお掃除方法をご紹介します!

1)ガスレンジ・IHクッキングヒーターを掃除!
まず、油で汚れているガスレンジやクッキングヒーターにセスキ水スプレーを吹き付けしばらく置いておきます。時間がたって、汚れが浮き上がってきたら、布巾か雑巾でふき取ります。ふき取った後は、固く絞った布巾できれいにふき取ったら終了です!ガスレンジのごとくや受け皿が汚れているときは、タライにセスキ水を入れつけ置き洗いすると、頑固な汚れも落ちやすくなりますよ。

2)食器や調理器具をすっきりキレイに!
環境にいいからと食器洗い用せっけんを使用していると、ひどい油汚れがべたべたして、落ちにくくて困ったことありませんか?そんな時に大活躍するのがセスキ水スプレーです!まず食器に残っている汚れをできるだけ取り除いて、その上にセスキ水スプレーを吹き付けしばらく置きます。そのあと、食器洗い用せっけんをスポンジにつけて洗うとべたべたせずスッキリきれいに洗えますよ!

3)プラスチックのお弁当箱をキレイに!
プラスチックのお弁当箱に、ケチャップライスやナポリタン、油もの、カレーなどを入れると、食器洗い用せっけんで洗ってもべたつきや臭いが残って困ったことありませんか?そんな時には、タライにセスキ水を入れ、べたつきや臭いが残るプラスチックのお弁当箱をしばらくつけておくと、すっきりキレイに臭いやべたつきがとれるんです!これは便利ですよね。

まとめ

合成洗剤を使用しなくても、セスキ水スプレーやセスキ水でお掃除したら、台所回りをスッキリきれいにすることができます!普段から環境に配慮したお掃除を心がけている人は、この便利なセスキ水やセスキ水スプレーをぜひ、普段のお掃除に活用してみてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…
  2. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  3. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  4. 東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  5. 同棲
    お付き合いをしていて、お互いが毎日一緒にいたいと感じるほど想い合っていて将来結婚出来たらいいねーなん…
  6. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  7. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  8. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  9. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  10. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る