クラシカルでエレガントにな旗袍(チーパオ)の着こなし方

  • 2016/8/4

友達の結婚披露宴をはじめ、ちょっとしたパーティーに列席するとき、何を着ていくのか、迷いますよね。和服は、格調高いけれど、着付けやお手入れがたいへん。スーツは、すこしだけ堅いイメージ。やはり、ドレスかなと考えますが、ほかの方と似たような色みやブランドになるかもしれません。

そこで、「旗袍」(中華ドレス)はいかがでしょうか。チャイナなんて、「夜の世界のお姐さまみたい」、と思われるかもしれません。もしくは、「十代の頃ならいざ知らず」と。ところが、「素材」と「色彩」をひと工夫するだけで、ぐっと洗練されたおとなの雰囲気になります。ボディ・ラインに沿って生地が流れるので、女性らしい曲線を強調しながらも、胸元を隠すデザインのため、奥ゆかしく見えますよ。

それも、既製品ではなく、おすすめは、布地を手に入れて仕立ててもらうことです。体にぴったりとフィットして、うつくしく、そして、着心地が良いので長時間身に着けていても疲れません。さて、生地の選び方ですが、意外かもしれませんが、フランスや、イタリアなどの「ヨーロッパ製」が適しています。もちろん、アジア製でもかまいませんが、選び方によっては、オリエンタルになりすぎて「いかにも」というふうにもなりかねません。そこで、西洋の生地を使うことで、うまくバランスがとれるのです。

次に、着こなし方ですが、ポイントがふたつあります。ひとつめは、「髪型」です。基本は、おくれ毛をつくらずクラシカルな「シニヨン」か「夜会巻き」が映えます。ただ、暗めの髪色の方は、巻き髪や、ハーフ・アップにしてもよいでしょう。一方、明るめに染色されている方は、顔の周りや胸元に毛先がかかると、一気に夜の蝶に。素肌は出さないものの、首からデコルテのラインが、エレガントに見える「袍旗」は、髪をコンパクトにまとめておくと清清しく、上品な印象になりますよ。

そして、ふたつめのポイントは「アクセサリー」づかいです。旗袍と相性がよいのは、小ぶりの「揺れるピアス」です。髪型をすっきりさせると、少しさみしく感じられる場合があるので、ピアスをあしらうことで、顔が華やぐのです。

清楚にも、妖艶にも着こなせるのが「旗袍」の魅力。決して、普段着では味わえない「非日常感」にあふれていますが、自然な「補正効果」があります。スリムな体型から豊満な女性まで、着る方を選ばないのも嬉しいですね。さらに、着こなしを研究されたい方は、映画「花様年華」や「~花の生涯~梅蘭芳」を参考になさっても。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…
  2. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…
  3. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  4. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  5. 大好きな彼と一緒に住める、とワクワクしている女性必見です。同棲するとやはり年中一緒にいるわけですから…
  6. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  7. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  8. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  9. 歯磨き
    自分を上手にマネージメントすることは(心も身体も)円滑な毎日に必須です。 落ち込んだら元気を取…
  10. ネイルアート
    気軽に指先のオシャレが楽しめるネイル。でも、毎回ネイルサロンに足を運ぶと出費が地味に辛いな・・・だけ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る