ダメージをリセット!キレイなツヤ髪を取り戻す超簡単な方法!

  • 2016/9/5

紫外線の強い夏。

お肌に紫外線対策を万全にしていても髪に紫外線対策をするのって忘れがちになっていませんか?

楽しい夏のあとに残ったのは楽しい思い出と「パサついた髪」なんてそんなの嫌ですよね。

ちょっとしたケアをすることで、そのダメージで傷んだ髪が無かったことになるんです!

髪って日焼けするって知っていましたか?

お肌の場合、日焼けをしたときに個人差はありますが赤くなったり黒くなったりと日焼けをしたことが目ですぐに分かります。

そのため、お肌への紫外線対策は対策の必要性をいわれるようになってからは一般的なケアとなりました。

しかし、体の中で一番太陽に近い位置にある頭部「髪」の紫外線対策ってどうしていますか?

一番、紫外線に当たっているのに多くの人が忘れがちな部分です。

髪が日焼けをすると、想像以上のダメージが起きているのです。

髪が日焼けをしたときに起きるダメージ

髪が日焼けをした場合、そのダメージはお顔の3~5倍以上のダメージが起きます。

3~5倍以上のダメージなのに何もケアしないって恐ろしいことです。

そのダメージによって起きること。

・キューティクルが剥がれやすくなる。

・髪が乾燥してツヤがなくなり、パサパサになる。

・髪の柔軟性が無くなり、切れ毛や枝毛の増加。

・髪の色が褪せて赤茶けた色になる。

・ヘアカラーの色も落ちやすくなる。

・髪が老化して抜け毛、薄毛、白髪が増えやすくなる。

髪のダメージに悩んでいる悩みが実はほとんど紫外線によるものだったのです。

こんなに髪へのダメージが起きてしまうとケアを考えないわけにはいかないですよね。

ダメージした髪をリセット!自宅で出来る簡単なツヤ髪テクニック

髪をキレイにするって美容師さんじゃないんだから無理でしょ・・。

そう思っていませんか?

自宅で簡単にできる方法なら、いつでも自分でケアできるのです!

ちょっとしたケアを継続する。

それだけでダメージヘアも無かったことにできます。

自宅でできるツヤ髪テクニック~シャンプー(湯シャン編)~

髪のケアもお肌と一緒でまずはキレイにすることが基本。

ぬるま湯(37~40度)で髪を「湯シャン」します。

髪の汚れってシャンプーを使わないと落ちないと思っていませんか?

実は、髪の毛の汚れはほとんどがこのぬるま湯だけで落とすことができるのです。

シャワーをいろんな角度から当て、だいたい3分間「湯シャン」をします。

その際に、頭皮を揉むようにすると毛穴の皮脂などの汚れが浮きやすくなります。

自宅でできるツヤ髪テクニック~シャンプー(シャンプー編)~

十分に湯シャンができたらシャンプーを手に取り洗っていきます。

このときにポイントが1つ。

「シャンプーは頭皮を中心に洗う」ということ。

頭皮をキレイに洗うことで毛穴ストレスを軽減、髪をサラふわの状態を保つことが出来ます。

髪は摩擦にとても弱いので、ゴシゴシと洗わないようにしましょう。

自宅でできるツヤ髪テクニック~トリートメント・コンディショナー~

トリートメントとコンディショナー。

きちんと使い分けできていますか?

どちらも髪をケアできるものですが、その効果は全く異なります。

トリートメントは髪の内部に浸透して栄養を与えてくれます。

コンディショナーは髪の表面をコーティングしてくれます。

そのため、使う順番はトリートメントで栄養を与えてからコーティングをするようにしましょう。

トリートメントつけたあとにすぐに流してしまうのではなく、蒸しタオルやラップを巻いたり、シャンプーキャップを頭につけて数分時間を置くことでより効果を発揮してくれます。

5~10分がオススメです。

半身浴などをして時間を有効的につかいましょう!

自宅でできるツヤ髪テクニック~ヘアオイル~

ヘアオイルは髪をドライヤーの熱や紫外線のダメージから守ってくれます。

濡れた状態のまま手に少量のオイルを取りましょう。

プッシュ式ならセミロングで2プッシュくらいで十分です。

毛先から3分の2程度くらいまでのあたりまでオイルを馴染ませます。

濡れた状態がいいのは、水にオイルを垂らすと広がって膜を張りますよね?

その原理を利用して髪になじみやすくなるように濡れた髪につけるようにしましょう。

この時に注意しなければならないこと。

それは頭皮には絶対につけないようにしましょう。

せっかくシャンプーでスッキリした頭皮にオイルがついてしまうとべたつきの原因になってしまいます。

髪のダメージはかなり深刻なものです。

特に、紫外線の強くなる時期のダメージは紫外線の弱い時期に比べると手触りも見た目も異なります。

自分で出来るケアならいつでもケアできるのでオススメですよ。

夏のダメージを無かったことにツヤ髪の触りたくなる髪にしましょう!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…
  2. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  3. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  4. ウォーキング
    これからの季節、気になるのはお腹のお肉!夏に海やプールを楽しむためにも無駄なお肉を落としておきたいも…
  5. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…
  6. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  7. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  8. 転職
    退職する方に対して、何かしらの感謝の気持ちを表したいと思うのではないでしょうか? そんな時に、何を…
  9. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  10. ゴールデンウィークと言えばレジャーや旅行など、普段はできないことをやろう!という人が多いでしょう。し…

カテゴリー

ページ上部へ戻る