嫌な夢を見るのは何故?

  • 2015/5/12

 人は誰でも眠っている間に夢を見ています。夢を見ないと言う人は、夢を憶えていないだけです。なぜなら夢は元々起きたら忘れるようになっているからです。人にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。体は眠っているけれど脳は活動している状態をレム睡眠、体も脳も眠っている状態をノンレム睡眠といいます。夢はレム睡眠時にみるものです。

 子どもの頃はレム睡眠のほうが多いのですが、大人になるにつれてノンレム睡眠が多くなります。そのため大人は子どもほど夢を見ません。レム睡眠時にはトイレに行きたくなったり、物音で目が覚めたりしやすくなっています。夢も見ていますが忘れていることのほうが多いです。でも夢を憶えていることもありますよね。それは夢の中で感情が強く動いて、その結果目が覚めることが多いからです。

 目が覚めて夢を憶えている時、その夢はどこか変わっていることが多くないですか。その不思議さに感情が動いているわけです。そして嫌な夢怖い夢ほど感情が強く動いて、目が覚めても残ってしまうのです。誰でも嫌な夢怖い夢を見ることはあります。問題はその頻度です。月に1度程度ならば問題はないでしょう。けれどそれが週に1度になり3日に1度になるなら、それは体のサインだと言えます。

 寝る前にお腹いっぱいに食べたり、消化の悪いものを食べたりすると、嫌な夢を見ることがよくあります。胃がもたれて体がしんどくなってくる、そのしんどさが夢になるからです。辛いものや寝る前の飲酒でも同じことが起きます。要するにそんな場合は生活習慣を見直すようにと、夢を通じて体が訴えているわけです。

 持病がある人は、服用しているお薬が原因で嫌な夢を見ることがあります。向精神薬や抗アレルギー薬が合わない時には嫌な夢の原因になります。これについては素人判断はできませんから、かかりつけの医師に相談してみましょう。副作用として悪夢が報告されているお薬もあるのです。

 ストレスが嫌な夢怖い夢に形をかえて出てくることもよくあります。これはストレスがなくなることが一番いいのですが、簡単に解決できるなら誰も困りませんよね。そんな時はさっさと心療内科や睡眠科などで相談しましょう。まずしっかり眠れなければ体は休まりません。体が休まらなければ神経も休まらず、ストレスから睡眠障害や鬱状態に進んでしまいます。無理をせず休みなさいという体のサインなんですよ。

 特に思い当たることもないのに毎晩のように嫌な夢を見るというなら、一度内科などで検査してもらいましょう。自分では気づきもしない病気が隠れている場合があります。風邪をひいて体調が悪い時、おかしな夢を見ることは多いですよね。それと同じ事が知らないうちに起こっているのかもしれません。

 夢にはいろいろな意味があるとされています。解釈はまちまちですし、占いレベルであれば信じるも信じないも自由です。けれど夢が体からのサインであることはよくあることなのです。嫌な夢が続くなら、体の声に耳を傾けることが大事ではないでしょうか。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 今や100円均一というと、なんでも揃ううえに100円とは思えない品質の高さに驚かされますよね。 ネ…
  2. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  3. 2015年の流行です。 トレンドのキーワードを5つピックアップしてみました。 【その1 昆虫…
  4. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  5. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  6. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  7. アレクサはすっきりスマートで、ジャケットやレトロ感のあるワンピースが好きなようで、よく着ていますよね…
  8. サンダル
    さあ!サンダルの季節ですねー! 履きたいブランドがいっぱいです。毎年、そのときの気分やお気に入りの…
  9. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  10. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…

カテゴリー

ページ上部へ戻る