おとなの女性のための「シャツ」の着こなし方

  • 2015/9/7

オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合う定番ファッションといえるでしょう。
 ですが、襟のある服は苦手。シンプルなコーディネートになりすぎると、敬遠される方が多いのも、わからなくはありません。
 「Tシャツ」や「カットソー」とくらべると、着心地もあまり良くないですし、プレスしたりお手入れも何かと面倒。だから、ついつい引き出しの奥深くに仕舞われたきりになってしまう気持ちはよくわかります。
 ところが、誰でも一枚は持っている「ありきたり」なアイテムだからこそ、「センス」や「自分らしさ」が追求できるのではないでしょうか。
 今回は、おとなの女性のためのシャツの着こなし方を伝授しましょう。

 ひとくくりに「シャツ」といっても、素材もデザインもさまざま。
 年末高齢のオーケストラ「第九」を見ると、合唱する女性たちは、一概に白いシャツと黒のロング・スカート姿です。けれども、目を凝らすと、丸襟であったり、軽くステッチが入っていたり、光沢がある素材や、袖や胸元が嫌味でない程度に、透き通る生地のシャツの方も。
 どうやら、制服のように「おそろい」ではなく、おのおのが、みずからに似合うものをチョイスしているようですね。
 骨格や肌質によっても、選び方は変わってきますが、まずは「これだ」とおもう一枚を探してください。はじめの一枚は、「好き」なものでかまいません。
 そして、お手持ちのジーンズと合わせてみます。このとき、「襟の大きさ」や、「ボタンをいくつはずす」か、「袖口を折るか」といったことを姿見の前で確認します。
 次に、洗濯をしてアイロンをかけてください。すると、シャツの立体構造がよくわかります。クリーニングから返ってきたときのような「いかにも」という風合いではなく、エスプリがきいたおとなの着こなしには、少しだけクシャクシャ感が残っているくらいが自然です。
 ただ、抜け道として、アイロンをかける時間がない方は、洗濯をするときに、ごく少量の「糊」を加えると、アイロンいらずで手間がかかりません。

 ある程度、自分に似合うシャツの傾向がつかめてくると、「ファスト・ファッションブランド」と、「老舗メーカー」の出しているシャツを一枚ずつ試してみます。
 すると、同じようにみえるデザインでも、生地や縫製がことなるだけで、着心地がちがうことに気がつきますよ。
 すべてを高級品でそろえるのは難しいですが、時間と手間をかかて作られている、服の持っている「格調高さ」を肌で感じることができますから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. プチ断食で健康的な女性
    「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案す…
  2. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  3. 横浜
    住みたい街ランキング上位に毎年、君臨する横浜。 街のいたる場所に海外との歴史の深さを感じさせる日本…
  4. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  5. 「水素」はお肌や体に良いとされており、爆発的ブームとなっているのはみなさんご存知とは思いますが・・・…
  6. オシャレ カフェ
    カフェはどこも同じと思ってませんか?味はもちろん、場所や雰囲気カップの1つで全然変わってくるものです…
  7. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  8. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  9. 東京スカイツリーのお膝元、下町エリアには数多くのパワースポットがあります。そのなかから5つのスポット…
  10. 金運アップ
    古新聞、古雑誌は捨てる 仕事運は木の気を向上させることで上昇します。古新聞、古雑誌は見えないところ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る