新聞でよく見る「デリバティブ」って何のこと?

  • 2015/8/4

デリバティブとは
 金融に関するニュースを見ていると、デリバティブ(金融派生商品)という言葉が出てくることがあります。デリバティブとは金融商品の一つなのですが、その仕組みの複雑さから一般人にはよく分からないものだと思われています。デリバティブとはどのような商品なのでしょうか。

 デリバティブとは、基礎となる商品の価値によって相対的に価値が決められるような金融商品のことです。デリバティブにはいくつかの種類があり、「先物取引」「スワップ取引」「オプション取引」があります。これらは将来のある時点で商品を売買する予約取引を行なうという共通性をもっています。

デリバティブの役割
 例えば穀物を生産し出荷している農家は、その穀物を販売するときに価格変動のリスクを負うことになります。穀物価格が安くなっていれば、それだけ売り上げが減ってしまうため、そのリスクを回避したいと考えるのが一般的です。

 そこでその価格変動のリスクを引き受けて商品にし、市場参加者に販売することで、穀物業者はリスクを回避することができるのです。リスクを売った業者は、もしも値上がりする方に価格変動した場合、その分の利益を得ることはできませんが、安定的な事業を行なうことができます。またリスクを引き受けた投資家は、その商品が値上がりすれば利益を得ることができるため、投資する価値があります。参加者全員にメリットがあるのです。そのようなデリバティブには、いくつかの特徴があります。

差金決済
 デリバティブの特徴の一つに「差金決済」があります。これは決済期限日までに、反対取引と行なって、商品ではなく売りと買いの差額の受け渡しによって決済する方法です。金融商品によっては差金決済が禁止されていることもありますが、デリバティブでは差金決済が主流です。

 差金決済ができるということは、それだけレバリッジがきくということです。つまり原資よりも大きな取引が可能になります。
デリバティブ
証拠金制度
 さらに取引所に一定の証拠金を入れておくだけで取引できる「証拠金制度」という特徴もあります。証拠金は予約金額の数%だけでいいため、少ない資金で大きな取引が可能になります。ハイリスク・ハイリターンの手法です。

デリバティブの種類
 デリバティブと一口に言ってもいくつかの種類があり「先物取引」「スワップ」「オプション」の種類があります。それぞれ複雑な仕組みになっているため、これらについてはまた別に詳しくご紹介しましょう。

また対象となる商品によって「債券デリバティブ」「金利デリバティブ」「天候デリバティブ」などまで多様なものがあります。これらも債券や金利の変動や天候の変化のリスクを商品化しているのです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  2. 英語を話す
    皆さんは突然の外人さんの訪問で英語が喋られたらと思ったり道で外人さんに話しかけられた時にアタフタして…
  3. 今ではスタンダードになった炭酸美容。まだ、スキンケアでもシャンプーでも値段が高くて試せないと言う話を…
  4. レッドコーデ
    この時期には絶対着たい「レッド」!! でもどう着こなそうか?と迷うカラーでもありますよねー! 今…
  5. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  6. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  7. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  8. 洗濯物
    あなたは家事が得意ですか? 5分以内に自宅訪問があっても困らない素敵な方は、この記事を読む必要はあ…
  9. 脱毛
    カミソリで剃ったり抜いたりしても不満なのでエステ脱毛を考えました。 しかしインターネットを検索して…
  10. これからの季節、どんどん肌の露出が増えてくる時期になりましたね!冬の間に育ってしまったムダ毛、ちゃん…

カテゴリー

ページ上部へ戻る