海外セレブの春夏ワードローブ5選! *オリビア・パレルモ編

  • 2016/5/12

オリビアって大人のかわいさを持っていますよね!甘い雰囲気なのにクールでかっこいい。
それは彼女のワードローブに秘密が…!!
甘いだけが大人の女性の魅力ではありません。使えるアイテムを一つ選ぶにしても、少しクールな表情のものをチョイス!オリビアのスタイリングはそれを存分に発揮しています。

・テーラードジャケット

デニムONデニム。こんなにカジュアルなのに、何故かっこよく見えるのか?
それは白のテーラードジャケットがポイントですね!
オリビアはテーラード以外にレザーのジャケットを着たりもしますが、クールで男前なアイテムはインナーやボトムスをカジュアルに抑えます。そして、シューズはピンヒールのパンプスを履いて女性らしさを演出。甘辛コーデが彼女のスタイリングポイントですよね!
白のジャケットのボタンや襟元が「黒」というのも引き締まって◎
クラッチは黄色地に刺繍が入っています。ゴールドのヒールサンダルとのバランスもGOOD!

・ピンヒールパンプス

オリビアはピンヒールのパンプスがお気に入り。色んなカラーを持っています。勿論、春夏のサンダルもピンヒールで、レースアップが好きなようです。赤のシューズとペディキュアで統一感を出し、派手すぎないように抑えているところが素敵です。
大人の女性を目指すための雰囲気作りのポイントは、このピンヒールですね!もし普段ヒールを履かない人なら、オリビアのONやOFFショットで登場するシューズはタウンでも使えるものが多いので、是非真似してみてくださいね~!

・スキニーダメージデニム

スキニー好きですが、ダメージデニムも結構持っているようです。ロックでカジュアル色が強くなりそうなアイテムなのに、さすがのスタイリング力でオリビアらしくまとめていますよね!
トップスはシック、もしくは男前に合わせるのもオリビアのスタイリングポイントです。

・シャツ

スタンダードなシャツが好きで、派手なものよりも普段の着回しがきくシャツが多いです。
シンプルなものは日頃バンバン着ていても、「毎回着てるよね~」というイメージが付き難いので重宝しますよ!オリビアはそんなシャツ選びが得意なので、参考にしたいですね♪

・クラッチバッグ

色んなクラッチを持っているオリビア。コーデのポイントに合わせた小物選びが上手なオリビアは、クラッチも大人感のあるものを多く持っています。フォルムはスタンダードなもの、派手というよりは落ち着いたデザインで、奇抜な色使いでも柄はシンプルなもの。
オリビアの「大人かわいい!」コーデは、この小物に注目なんです!

オリビアはシンプルかつスタンダードアイテムで、彼女の可愛らしさと大人の雰囲気をうまく表現していると思います。自分の魅力を表現するのって実は難しくて、良いところも悪いところもプラスに素敵に見せるのは、そう簡単にできることではありません。
ただオリビアはその表現がとっても上手!!なので、彼女のワードローブは必見です♪

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  2. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  3. 秋田市上杉にある「秋田県立北欧の杜公園」は北欧を思わせる広く美しい自然の広がる公園です。緑いっぱいの…
  4. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…
  5. テレビアニメを見る
    014年の夏に全米デビューした『ドラえもん』。ディズニーXD子供向けチャンネルで放送されている英語版…
  6. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  7. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  8. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 大切な人との別れ、仕事でのつまづき、…
  9. ハンドクリーム
    体の末端のお手入れがきちんとできている女性は美しいと言いますが、皆さんの毛先、手先、足先は如何ですか…
  10. 部屋の模様替えなどをする時、インテリアのバランスなどを気にする女性の方もいらっしゃるでしょう。しかし…

カテゴリー

ページ上部へ戻る