海外セレブの春夏ワードローブ5選! *スキ・ウォーターハウス編

  • 2016/5/2

スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配ったり、そこに女性らしいポイントを設けているという感じ。
パンツスタイルが多いですが、ナチュラルなダウンヘアでカチッとしすぎない、ほどよいバランス感は真似したい部分ですね!

・セットアップ

セットアップがお気に入りのスキ。
インナーのシャツはトップまでボタンを留めてキチッとした印象を作っています。シューズはタウンでも履けそうな、意外にかわいい感じのテイストに。セットアップだとシャープに決めたくなりますが、ここでガーリーに外すのがスキ流。サンダルというのが、またいいですよね!普通は黒やカラーパンプスとかで合わせちゃいますものね!
バッグとシューズのレザーやカラーの印象がマッチしていてオシャレです!

・厚底サンダル

スキは厚底サンダルが好きで、よく履いていますよね!厚底なのに重くないシルエットのものが多く、すっきりまとまっています。カラーもベーシックなもので奇抜になりすぎないように、厚底の良さを演出。
セレブといえども、わりとベーシックアイテムをワードローブにしている人が多いのですが、この厚底サンダルというアイテムを上手く履きこなしているのはスキだけでは?
タウンでは真似しにくい!と一見、難しく思ってしまうアイテムですが、好きのコーデを見ていると真似したくなっちゃいます♪

・バーバリーのオレンジバッグ

バーバリーのオレンジバッグはスキの必須アイテムで、色んなショットを見ていてもよく持ち歩いてますねー!ちょうどいいコンパクト感とタウンもフォーマルも使えるデザイン、ビビッドすぎない落ち着いだカラー。ヘビロテになるのは頷けます!
バッグは本当に定番に使えるものを一つ持っていれば十分で、少し高くても良いものを買いたいですね。特にレザーは使い込むうちに味が出てくるのでオススメです♪

・黒パンツ

ラフなシルエットの黒パンツはよく履いていて、これまた厚底シューズと色合わせでマッチ!
ジャケットと合わせればクールにも着れますし、軽めのサマーニットならカジュアルにも大活躍!この写真はレザージャケットと合わせてシャープに決めてますね。パステルの軽いジャケットをセレクトしているところはスキという感じですね~!
そこでインナーにも注目です。クールになりすぎないように女性らしいラインの入ったインナーは、全体的なテイストのバランスを保っています。

・ジャケット

セットアップ以外にもジャケットを着こなしているスキ。セパレートでも着ることができるので、セットアップはトレンドに関係なくオススメですが、スキはジャケットだけのスタイリングもとってもGOOD!
ジャケットって普段着ないという人もスキのワードローブを参考に、コーデの真似をすると気軽にトライできると思います♪

スキは他のセレブと少し違ったスタイリングをしているので、ベーシックアイテムで変わり種もチャレンジしてみたいという人は是非参考にしてみてください!
スキのコーデを基に、いつもと違うお洋服を着て、小物を使って楽しみましょう~♪

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  2. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  3. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…
  4. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…
  5. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  6. インドアさんの過ごし方
    毎年の長期連休は、ゴールデンウィークがあげられますが、みんながアウトドア派かというと否ですし、お金が…
  7. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  8. 金閣寺
    今年のシルバーウィーク、カップルで旅行を計画している人もいるのではないでしょうか?海外も人気ですが、…
  9. シャボン玉
    人それぞれ、様々な心模様があることを、貴方はどんな時に感じるでしょう。 これから自分の心に咲く花を…
  10. 砂浜に書かれたハート
    恋愛は大体つらいことがあるものですが、特につらいのが片思いですよね。思い続けるのも告白してフラれるの…

カテゴリー

ページ上部へ戻る