日焼け止めをしっかり選んで日焼けに負けない肌になる方法

  • 2016/7/1
日焼け対策

日焼け対策していますか?
日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。
あなたの日焼け知識はどうでしょうか?

間違っていない?日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときには、日焼け止めのタイプや表示されているSPFやPAの表示を確認して選びましょう。
日焼け止めには、クリームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ・スプレータイプ・パウダータイプがあります。

●クリームタイプ

クリームタイプは日焼け止めとして一般的なタイプで、保湿効果があるので乾燥肌や敏感肌の人にオススメです。
しかし、保湿効果が高いために、ニキビの原因になることもあります。

●ジェルタイプ

つけたあとべたつきがなくさらっとした使い心地。
しかし、刺激の強い成分を使っていることが多いので、敏感肌には注意が必要です。

●ミルクタイプ

肌への刺激が少なく塗ることができるこのタイプは敏感肌の人にオススメです。

●スプレータイプ

手にとって塗るという従来の日焼け止めとは異なり、手が洗えない外出先でも簡単に日焼け止めが塗れるというタイプです。
自分では手が届きにくい背中にもつけられるメリットがありますが、広範囲に広がりやすいので均一につけることが難しいというデメリットがあります。

●パウダータイプ

メイクの上からケアできる日焼け止めです。
メイク直しとして用いることもできますが、落ちやすいという部分があります。

SPF・PA

SPFは紫外線防御指数、PAはUVA防御指数を表しています。
SPFは最大値「50+」、PAは「+~++++」まであります。
SPFの数値が高ければ紫外線の防御数はアップしますが、その分お肌に負担が大きくなります。
日焼け止めと日焼け止め配合のメイク下地を使っても合計した効果にはなりません。
日常生活で外で家事をする程度なら、「SPF15~20PA++」。
海や山に行くなら「SPF30以上」がオススメです。

日焼け止めにはさらに大きく2つに分かれます

日焼け止めには効果が2つに分かれています。
日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という効果に分かれます。
紫外線吸収剤は、肌に吸収させて紫外線の浸透を防ぐ働きがあります。
紫外線散乱剤は、紫外線を反射・散乱させて紫外線の浸透を防ぐ働きがあります。
どちらも適材適所に使うことで有効ですが、紫外線吸収剤は肌荒れの原因になりますし、紫外線散乱剤には肌の乾燥を招く恐れがあります。

日焼け止めをキチンと選ぶことは10年後20年後のお肌をキレイに保つことに繋がります。
きちんと日焼け止めを選んで日焼け止め対策を行いましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 20代では真剣に考えないのが、生命保険や医療保険だと思います。 確かに入院するような病気もしないで…
  2. ワンランク上のバーベキュー
    寒い冬が終わればアウトドアシーズンの到来です。春先の4月末から夏場の8月末にかけてはやっぱりバーベキ…
  3. 暑さに負けず、流行にのって夏のおしゃれを楽しもう!- 楽しい夏がやってきましたね。 服装も、夏に…
  4. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  5. 女性にとって憧れのウェディングドレス。どれを着ようかと選ぶときはまさに楽しくて仕方ないものです。ただ…
  6. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  7. パンケーキ
    ○ふわふわ派?しっとり派? 根強い人気のパンケーキ。専門店も多くありますが、お家でも簡単に美味しい…
  8. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  9. 優雅なランチ
    ゴールデンウィークなどの長期連休は、普段とは違うお食事を楽しみたいですよね? 外食で、ファミレスや…
  10. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…

カテゴリー

ページ上部へ戻る