エステで痩せるならこれ!キャビテーション

  • 2016/9/28

自力でダイエットするのに限界を感じ、痩身エステに通おうかな?と思う事、女性なら一度はありますよね。
しかし、安くはない料金を払るわけですしなかなか決心出来ないと言う方も少なくないのではないでしょうか?
そんな方にオススメはその名も「キャビテーション」その効果の高さから「切らない脂肪吸引」とも呼ばれるほどです。
今回は、キャビテーションの施術内容や効果についてまとめてみました。

■キャビテーションのメカニズム
キャビテーションと言う施術方法でなぜ痩せるのか?まずはそのメカニズムをまずご説明しますね。
キャビテーションエステとは、専門のマシーンを使用し、超音波を使って脂肪に直接働きかけ、脂肪細胞の中に気泡を発生させた後に、脂肪細胞同士を衝突・破裂させて脂肪を分解すると言う方法です。そしてその壊れた脂肪をより効率よく対外に排出させるために、リンパトレナージュや温感マッサージを組み合わせて施術するのがスタンダードになています。

■キャビテーションのメリット
キャビテーションエステを受ける最大のメリットは「部分痩せ」が可能と言う事です。脂肪細胞をピンポイントで狙い撃ちするので、ダイエットでは落とす事が出来なかった・難しい箇所でも部分痩せが出来るんですね。
また女性の敵と言っても過言ではない「セルライト」の解消にも非常に有効なんです。セルライトは一度出来てしまうと、なかなか自力では解消する事が難しく、完全になくすには、脂肪吸引かキャビテーションかと言われるほど、効果があるんです。

■キャビテーションにはデメリットも?!
キャビテーションはその即効性の高さから、体質によってはデメリットと言える症状が出る事も。
施術を受けて壊された脂肪が血液中に溶け出すので、一時的に血中の中性脂肪の値が高くなる可能性があるんです。しかし、あくまで一時的なもので、後遺症はないので過度に心配しすぎる必要はないと言えます。

■何回くらい施術を受ける必要がある?
即効性がある事で知られているキャビテーションですが、一度だけの施術ではやはり完全に痩せる事は出来ません。
満足できる効果を得るには、体型や体質にもよりますが「4回程度」の施術回数は必要になります。期間にすると一か月くらいですね。
週に一度の施術を1~2か月受けると言うのが理想的かと思います。

■まずは体験施術に!
キャビテーションを検討しているけど、効果に関しては半信半疑と言う方はまず「体験施術」を受ける事をオススメします。
エステサロンにもよりますが、一回2000円~体験施術を受ける事が出来ます。
一回の施術でウエスト周りが4cmも変わったと言う方もいるくらい即効性がある施術なので、まずは体験施術を受けてみて、その効果を体感してみるのが一番良いのではないでしょうか?
かかる時間は、照射に15分程度、その後のマッサージが30分程度、合わせて一時間以内と言うサロンがほとんどです。

いかがでしたか?確実にエステで痩せたい!どうしても部分痩せしたいパーツがあると言う方には、キャビテーションはかなりオススメと言えます。切らない脂肪吸引で美ボディを手に入れましょう!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 鞄の中身
    皆さんは鞄の中の整理って定期的にしていますか? 一体いつ買ったのかわからないガムやレシートが出てき…
  2. 春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  3. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  4. 喉越しさっぱりのところてん。 低カロリー食材として昔から有名ですが、この食材はダイエットにも効果が…
  5. ビーチを歩くカップル
    今回はカップル限定と言うことで、俗に言う非リアの私は夢と妄想を抱きながらオススメをして行きたいと思い…
  6. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  7. 空気女子
    もう日本では小悪魔という言葉が定着し、どんな男性も惑わせてしまうと有名で小悪魔についてや小悪魔になる…
  8. 分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、…
  9. 化粧水をあれこれ試すも、「なんだかピリピリする・・・」「なかなか潤わない・・・」「皮膚になじみにくい…
  10. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…

カテゴリー

ページ上部へ戻る