アメリカの超穴場!現地の人が訪れる観光地 ジョージア州サバナ

  • 2017/6/23

アメリカといえば、思いつくのはハワイだったり、ニューヨーク、ロサンゼルス。有名な町はたくさんありますが、日本の国土の25倍もあるアメリカ。他にもすごく素敵な町がいっぱいあるんです!
そこで今回は、アメリカに長年在住していている私がオススメするジョージア州にある「サバナ」という町を紹介します。

ジョージア州サバナについて
アメリカの南部にあるジョージア州サバナは、全米でも観光に訪れたいトップ5に必ず入っている町です。「ガーデンシティー」と呼ばれる緑豊かな町です。イメージ的には赤毛のアンの世界という感じでしょうか。その昔、フランスからの移民が住んでいたという町で、どこかヨーロッパ調の建て方で、立派な煉瓦造りの建物ばかりです。おとぎ話に出てくるような、綺麗な家々に、たくさんの自然が調和し、昔にタイムスリップしたような、ノスタルジックな気持ちになります。
日本では見たことがない、スパニッシュ・モスという木に寄生する白いキレのような植物が、大きな木から垂れ下がり、それはそれで情緒があります。綺麗な公園や立派な教会が立ち並び、どこを見ても絵になります。

有名な観光スポット
サバナは、ジョージア州の中でも1番古い町で、全米でも最大と言われる歴史地区に指定されています。
まず、サバナに来てすることは、のんびりこの景色を堪能することです。
1800年代の建物が立ち並び、今ではレストランやおみやげ屋さん。ホテルなどに改装されています。
ゆっくりとお買い物をしながら、建物や教会を見て歩くのは、本当に贅沢に感じます。建物に関していえば、日本の古い建造物もすごい技術です。細かい職人の技です。でも、ここの建造物も負けてないんです。圧巻なんです。
何よりも、デザインと色使い。普段、旅行というとテキパキ計画立てて、次々観光地を周りたい派の私でも、すーっと景色に魅了されてしまう、言葉を失ってしまう、何かそんなパワーを感じました。

そしておすすめなのは、このヒストリックダウンタウンの中にあるホテルです。
アメリカ人カップルは、何か特別な記念日にこの町のホテルに泊まり、お祝いするのがステータスになっています。
また、サバナに行ったら、一度は行くべき公園が、フォレスト・ガンプのロケ地です。
とにかくサバナには大小の素敵な公園がたくさんあるのですが、その公園の1つが、フォレスト・ガンプの最初のシーン。フォレストが広場の公園のバス停のベンチに座って、次々と思い出話を語り出すあの場所があります。私が行った時にはベンチはなく、聞くと歴史館の方に移動させたとか。まぁ、それでも、景色はフォレスト・ガンプのあの映画のままです。
次に、リバー サイド ストリート サバナです。
ヒストリックダウンタウンより少し北に行くと、川が流れている横にあるストリートなんですが、ここはまた趣が変わり、全て煉瓦造りの建物は続くのですが、もっと西洋の港町という感じに雰囲気が少し違います。

なかなか日本人には出会いませんが、このストリートにはたくさんの観光客でいっぱいです。ここでおすすめなのが、間違いなくショッピングです!
アメリカのショッピングセンターにも、魅力的なグッズはいっぱいありますが、割とどこででも買える、ブランド物だったり。ここで手に入るグッズは、レアなんです。完璧ロコなお店がほとんどなので、地元で作ったワインやハチミツ。雑貨なども超かわいいです。
その中でも有名なのが、手作りキャンディーとチョコレート。
フォレスト・ガンプで、フォレストが食べてたチョコレート、覚えていますか?あのチョコレートか?という感じの1つ1つ手作りの、作っている工程を見られるお店で売っています。味はチョコレートが濃く、日本ではなかなか出会えないチョコレートです。日中はラッキーなら、川辺で音楽の生演奏や、ダンスショーなどが見られます。

最後にご紹介したいのは、再度ヒストリックダウンタウンに戻るのですが、夕方、日が暮れてからのゴーストツアーです。
これは、好き嫌い分かれると思うのですが、私の連れはゴースト嫌いなので、参加はできませんでしたが、とにかく、ゴーストだって楽しもうという、アメリカ人たちの明るさゆえのツアーです。
これは、歩きとバスでの2通りのツアーがあります。
サバナは、本当に美しい町なのですが、独立戦争時代、奴隷制度がまだあった時代、数多くの黒人がこの美しいお屋敷の奴隷として働いていました。そんな彼らの無念の思いが今もさまよっていると、美しさの陰には、たくさんの悲しいゴーストストーリーもあるのです。

なかなか日本人には馴染みのないアメリカ、ジョージア州の小さな町、「サバナ」夏はかなり気温が上がり、日中出歩くのは大変ですが、それを避けると、かなり気候が良く、間違いなく日々の疲れが癒されます。また、アメリカ本土の、あまり日本人がいない場所=怖いというイメージがありますが、ここは観光地。日が暮れても、年配の方でもお散歩しているくらいなので、心配ないと思われます。常に観光客で行き交っています。食べ物も、ファストフードではなく、アメリカ南部のソウルフードがいただけます。
ぜひ機会があれば、訪れていただきたい大好きな町の1つなのです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 震災や災害時の必需品
    4月14日に突如襲ったマグニチュード7.0クラスの地震「熊本地震」これは女性にとって特に地元の方々は…
  2. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  3. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  4. ウェディングドレス
    結婚式の主役と言えば、ずばり花嫁さんですよね! 一生に一度の晴れ舞台、憧れていた真っ白なウェディン…
  5. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…
  6. モテる
    あなたは今たくさんの男性からお誘いをうけていますか? 男性からモテると毎日がとても楽しくなりますし…
  7. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…
  8. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  9. ブラックコーデ
    キーカラーがブラック…って秋冬は着やすいですが、春夏は敬遠する人もいるでしょう。 でもおすすめブラ…
  10. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る