外国人に聞くホットなデート事情

  • 2017/1/18

付き合い始めの男女。始めが肝心。この恋愛が、うまく続くかどうかがかかっています。日本でも、様々なハウツー本が出回っていますが、アメリカでも同じです。日々、恋する男女はあの手この手で、運命の出会いを探します。お国によって、デートはどうしているのでしょうか?今回は、アメリカ人のデート事情をご紹介します。

初デートは男性が払うのが常識?
平等を重んじるアメリカですが、デートではどうも、そうではありません。特に、初デートでは。アメリカ人男性は、ジェントルマンであることを「美」とします。自分から誘ったデートでも、相手に誘われた場合でも、女性には払わせません。これはもう、お国柄ですよね。だから、若い人たちやある程度余裕のある大人たち。それぞれの世代で、デートにかける費用も違うので、いろんなデートスポットがあるわけです。

アメリカのデートスポットは?
初デートでは、とにかく2人が一緒に楽しむことを重視します。
日本ではよく、一緒にショッピングなど、彼が彼女を喜ばせるため、本当は好きでもないショッピングを共にする〜なんてことよくありますが、アメリカ人のデートでショッピングは、ほぼありません。考えてみれば、男性って、基本的にショッピング苦手ですよね?
日中のデートでは、ランチを始め、アクティビティに過ごします。例えば、サイクリングしたり、ビーチに行ったり。広い公園を散策したり。ゆっくり時間を一緒に過ごすことで、お互いの距離を縮めていきます。
夜は、ディナーをしたり、夜景がきれいなスポットを訪れたり。場所によっては、ドライブ・イン・シアターといって、車に乗っまま映画鑑賞をします。そして、時にはコメデイアンのトークショーに出かけたり。
日中も夜も、カップルは、どちらかが楽しい。ということではなく、「2人で」を大切にします。

男女別 デートの時すること・しちゃいけないこと
2人で楽しむこと。楽しむ中に、そこにはいろんな男女のかけひきや、守るルールが存在します。日本でもありますよね?彼を、彼女を本気にさせるためには?とか、これをしたら引いてしまうとか。当然、アメリカにもあるんです。

男性編
・ 綺麗な服装で、清潔感を大事にすること。
・ 自分の話より、相手の話を聞く聞き手になること。
・ ネガティブな自分の話をしない。例えば、仕事の不満やストレス。健康問題。
・ 距離を縮めようと焦り、近づきすぎないこと。距離を保ちフレンドリーに。
・ 最初から、相手をカテゴライズしない。真剣な相手とか遊びとか。

女性編
・ どんなに意中の相手とのデートでも、平静を装う。
・ セクシーな下着をつけること。(でもセクシーな服装はアウト)
・ ヒールの低い靴を履く。
・ 絶対、元カレの話はしない
・ ポジティブな言動をする(ネガティブな話はしない)
・ 彼の言葉に興味を持つ

なかなか面白いですよね?私たちとも被るところもありますよね。男女ともに、元カレ・元カノの話はタブーとか。
ヒールの低い靴を履くというのは、何も背の低い男性を気にしてではありません。初デート。男性がどんなプランを持っているかわからないからです。ハイヒールはかわいいですが、長い距離歩けません。足が痛くなっては、せっかくのデートも台無しに。
この、セクシーな下着をつけるっていうのは、アメリカらしいなあと思いませんか?この理由は、セクシーな下着をつけると、自分に自信が持てるからだそうです。その反面、セクシーな服装はしないんです。服装で、軽いと思われたら元もこうもありません。
男性の聞き手になるということと、女性の男性の言葉に興味を持つ。お互いの思うところは同じですよね。

文化の違いはありますが、共感できる部分、真似したい部分ありませんでしたか?私はよく、お買い物ショッピングデートをしますが、これをちょっと考え直そうかなあなんて思いました。「2人で」楽しむデート。ちょっとプランを立ててみたくなりました。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  2. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  3. 東京スカイツリーのお膝元、下町エリアには数多くのパワースポットがあります。そのなかから5つのスポット…
  4. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  5. ジェルネイル、やったことありますか? マニキュアよりもツルツル、しかもグラデーションもアートもし放…
  6. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  7. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  8. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  9. 大好きな人との結婚。結婚式の準備に新居の相談、何もかもが楽しい時期ですよね。特に結婚式は自分が主役に…
  10. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…

カテゴリー

ページ上部へ戻る