バカンス先に大人気、クロアチア

  • 2017/2/27

ヨーロッパ人は、バカンスが大好きです。長い夏休み期間を利用してバカンスに行きます。普通なら一週間、長ければ2週間、それ以上の人もいます。そんなにごっそり休めるチェコ人って、羨ましいですよね。
私も公園のママさんに、今年は何処に行くの?海?山?と聞かれますし、チェコ人にっと夏のバカンスは、気になる楽しみの一つです。

チェコ人のバカンス先
* 海
チェコに海はありません。ヨーロッパの中央あたりにあるので、どちらを向いても、海は遥かかなたです。でも、それだからこそ、こういう時に海に行くのです。しかも、チェコ人は日光浴が大好きです。日本人のように、紫外線が良くないとか、大きな帽子をかぶったり、手袋をしたりしません。時には水着無しでガンガンに紫外線を浴びてます。
* 山
山は、チェコに沢山あります。近いし、涼しくて、自然の中の山歩きも丁度良く、手ごろなバカンスとなります。山に行く人は、殆どがチェコ国内か、隣のスロヴァキアだと思います。そして、冬のスキーシーズンにも、一週間かけて山に行く人が多いです。

チェコ人のバカンスの形
大きく2つに分かれます。
* 車で一家で大移動し自炊もする
自分たちで車を運転して、食料も着替えも何もかも車に詰めて、一家で大移動します。バカンス先では、キッチン付きの部屋を借り、自炊します。
キャンピングカーで行き、キャンプしている人も多いです。

* 旅行代理店で全て予約
旅行代理店で交通も食事も全て含まれたホテルを予約して行きます。日本の旅行と同じで、決められた飛行機やバスに乗り、現地に着き、ホテルで出される食事を食べます。荷物は着替えくらいです。

チェコ人に人気の海
断トツで、クロアチアでしょう。海はとても綺麗です。サービスも人も親切です。
共産時代の名残もあると思いますが、旧東ヨーロッパのクロアチアが、チェコから比較的近い海ですし、多くのチェコ人がバカンスに向かいます。
そして、車で一家大移動の手段をとるチェコ人が多いです。なので、夏のシーズンにもなると、クロアチアの高速道路は大渋滞です。チェコのバカンスは、大抵、土曜日から翌週の土曜日までの一週間がひとサイクルになっているので、その土曜日は、酷い渋滞になってしまうのです。
近い海の一つなのですが、それでも車で12時間以上かかります。我が家は、小さな子供がいるので、この移動が最大の関門です。
クロアチアは、1992年にユーゴスラビアから独立した国の一つです。私も、学校ではユーゴスラビアと学んでいて、クロアチアと聞くと、何か新しいリゾートの国のように感じていたのですが、そうではなく、あの大きな紛争もあった、旧ソ連と親密であった社会主義国家の中の一つだったのです。
現在は、とても開かれた国家で、多くの観光客でにぎわい、リゾート地には沢山の観光客用ホテルも立ち並びます。サービスも充実しています。そして、E.U.の加盟国です。クロアチアは、南北にとても長い国で、北の方の海と南の海とでは、また全く様子が違います。島もありますので、船でのクルージングも有名です。
歴史的な場所として名が知れているのが、世界遺産でもあるドゥブロヴニクで、その特異な街並みは他では見られません。ジブリの代表作である、魔女の宅急便や紅の豚の舞台にもされており、そのオレンジ色の可愛い屋根や、古い建物が空高くびっしりと並ぶさま、海岸沿いの美しい半島は、正にアドリア海の真珠なのです。
クロアチアでよく見かける外国人としては、ドイツ人、チェコ人、スロバキア人、ロシア人といった感じでしょうか。ヨーロッパ人が殆どで、時々しかアジア人を見かけません。
その他にも、イタリアやギリシャ、スロヴェニア等に車で行く家族もありますが、割合でいうと、クロアチアが一番です。
飛行機で行くバカンス先としては、人気なのが、エジプト、トルコ、ブルガリア、スペインの海やドバイあたりでしょうか。人によってお気に入りも違うようで、ドバイに何度も行く人もいれば、エジプトに何度も行く人もいます。エジプトも海が綺麗なのですよ。私は、遺跡巡りのイメージしかなかったのですが、海辺でリゾートもできるのです。

とにかく、ヨーロッパ人のバカンスは、海辺でゴロゴロです。何もしません。ただゴロゴロです。日本に住んでいた頃の私は、旅行に行くと、あれも見たいこれも見たいで、朝から晩まであちらこちらと動き回ったものですが、こちらのバカンスは、ただゴロゴロです。そして日が沈むと、街に出て、夕食やショッピングです。ずっとそれでは飽きるので、1日か2日くらいは何処か観光に行こうかなという感じです。
でも、それでこそ、仕事の疲れを癒す休日なのかも知れませんね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 部屋の模様替えなどをする時、インテリアのバランスなどを気にする女性の方もいらっしゃるでしょう。しかし…
  2. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  3. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  4. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…
  5. 太ももを計る
    女性ならだれでも、モデルさんのような素敵な体型になりたい!痩せ形でいたい!という願望はありますよね!…
  6. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  7. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  8. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  9. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  10. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…

カテゴリー

ページ上部へ戻る