短い夏は焼けた肌にジャストサイズのシャツ

  • 2017/4/10

チェコの夏は短いです。だから余計に、この季節を楽しもうとします。若い女性たちは、日焼けして、体のラインが見えるぴっちりシャツを着て、胸元もお腹も見せて、夏のファッションを楽しんでいます。

日焼け好き
夏の紫外線は皮膚に悪いというのが、日本での一般的な考えですよね。大きな帽子をかぶって、手袋もして、紫外線から肌を守ります。
でも、チェコでは逆です。夏になれば、芝生の上に転がって、日焼けした小麦色の肌を目指して、紫外線を浴びている人が沢山います。日焼けしている方が、夏らしくてお洒落だと思っている女性が多いのです。
自宅の庭仕事を、ビキニ姿でしている女性もいます。変にTシャツ焼けするよりは、出来るだけ服を脱いで焼いた方が良いという考えです。ヨーロッパの海に行ってもそうです。水着の型が付かないように、上の水着は脱いで、海辺で寝そべって日焼けしています。
肌が白い白人は、日焼けすると赤くなってしまったり、なかなか茶色になりにくいようです。日本人の私は、公園でしばらく座っているだけでも、茶色く焼けて嫌なのですが、そんな私を見て、羨ましがる人もいるくらいです。

ぴっちりシャツで、胸元が大きく開いている
チェコ女性のファッションは、女性らしさが強調されています。女の私でも、目のやりどころに困る時があるほど、胸元が開いています。
胸元を見せるという行為は、日本人の私にしたら、性的に誘っているようにすら見えますが、ここではそこまで深く考えません。男性も、小さい頃からママやお祖母ちゃんの胸元を見ているので、見慣れているようです。
チェコの女性は、ムッチリした体形の女性が多いです。なので胸もお尻も大きいです。日本で「私は太っている。」と思っている人くらいが、チェコでは普通サイズです。勿論、細目の人も居ますが、それでも、日本人の私と並んだら、やっぱり大きいのです。
そんな女性たちが、体にぴったりのピチピチサイズを着ています。丈が短めで、お腹が出るくらいが良いようです。体のラインを隠すことはありません。日本で多くの女性が愛用しているチュニックですが、そのような大きな服を来ている人はほぼ見かけません。

先生もタトゥー
露出が多い夏なので、よく目に付くのがタトゥーです。このママもタトゥーを入れてたんだと、公園でもよく見かけます。普通のママたちが、上腕部やお尻の上あたりなど、ちらっと見えるような場所にタトゥーを入れています。学校の先生の、肩甲骨あたりに入っているのを見つけて驚きました。先生は、隠すどころか、見えるような服を着ていました。
タトゥーの柄は、花柄や漢字、サソリなどの星座や、幾何学模様みたいな柄です。
日本では、入れ墨はヤクザを連想させたりしますから、銭湯に入れなかったりしますよね。でも、こちらのタトゥーはファッションであり、入れている女性も多く、それに偏見はありません。

子供もサングラス
黒い瞳のアジア人と違い、瞳の色が薄いせいか、こちらの人はサングラスをよくします。お洒落でもあるし、必需品でもあるようです。頭の上に、ヘアバンドのように置いているだけでも、様になってます。小さな子供もサングラスをしていて、可愛いですよ。

チェコ人女性は、夏は思いっきり日焼けします。そして、大きく胸元の開いた、ぴっちりしたシャツを着て、体形を隠しません。タトゥーも見せて、自己表現をしています。夏の彼女たちのファッションには、彼女たちの自分への自信を感じます。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 雑穀
    今海外セレブに大人気の美容グルメ「ウィートグラス」と「アマランサス」って知っていますか?初めてきいた…
  2. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  3. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  4. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  5. ネイルアート
    気軽に指先のオシャレが楽しめるネイル。でも、毎回ネイルサロンに足を運ぶと出費が地味に辛いな・・・だけ…
  6. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  7. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  8. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…
  9. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…
  10. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………

カテゴリー

ページ上部へ戻る