夏場のアクセサリーの工夫 お手入れ方法をチェック

  • 2017/8/2

夏場のアクセサリーどうしても汗などに反応しさびやすくなってしまいます。
錆はかぶれなどにも繋がってしまうので出来るだけ作らないようにすることが大事になりますが、汗をまったくかかない状態を作ることは難しいといってもいいでしょう。
ですが、お手入れの仕方などを覚えておくことで、かぶれなどを防止しやすくなります。

<錆のできにくい状態を簡単につくるには?>
購入時に金属の部分などに樹脂コートなどを行うことが理想ですが、使用前に柔らかい布でふくだけでも錆ができにくくなります。
使用後も基本的には同じく柔らかい布なので拭くだけでも錆ができにくくなるので、使用前、使用後に拭きとりをするだけでも劣化などにも差が出てきます。
軽い黄ばみなどが出てきてしまった場合などは筆記用具の消しゴムなどで軽くこすることで黄ばみを落とし、錆の元や変色の元を変えることにも繋がります。

アクセサリーはお手入れが難しいと考える人がおおいかもしれませんが、プラチナなどもセルフケアができるものだったりもします。
ですが、プラチナなどは宝石などがついていることも多いので出来るだけ専門店などのケアサービスを利用したほうが傷などを石やカラット面などに傷をつけることが少ないのでおススメの方法になってきます。

また、シルバーアクセなどの磨き布はゴールドに使用することはできません。
ゴールドは柔らかく傷や剥離なども起こりやすいのでシルバーケアグッズなどでは傷ができやすい状態になってしまいます。
素材によってケア用品を使いわけることが大事になってきます。

<意外と使える身近なグッズ>
シーズンアクセなどを保存するのに何をつかったらいいかわからないという声も珍しくありません。
箱などは紛失しやすく、専用ケースなども数が増えるとかさばってしまう。

そんなときにおススメなのが袋状のジップロックになります。
これは空気をできるだけ抜くこともできるものであり、種類別に分けるにもおススメであり保存なども簡単にできるものになります。

アクセサリーで多いのは「どこにしまったかわからない」であり、ジップロックなどは透明なので外から見ることもできどのアクセサリーが入っているのかなども確認がしやすく、収納の面でもおススメの方法になります。

【意外と使える、つかいすての眼鏡拭き】
100円ショップなどで売っている使い捨ての眼鏡拭きは、チープアクセの汚れとりなどにも使うことができます。
アクセサリーが金属や、金属部分の埃取りにも使うことができるので便利グッズの一つになります。

おおきめのストーンやビーズなどをつかったアクセサリーなどのお手入れにもおススメであり、簡単な除菌効果なども期待できるので、持っていて便利なアイテムの一つになります。

<自作アクセなどの仕上げにも>
ビーズアクセなどは自作する人も少なくはありません。
作業中は夢中になって気付かないことが多いですが、指先は温まることで汗や皮脂はもちろんですが、普段は常在菌として保護成分になってくれる存在の菌が悪い方向に暴れやすくなってしまう条件を作ってしまいます。

この時に完成したアクセサリーや、キリのいいところまでつくったアクセサリーなどを使い捨ての眼鏡拭きで軽くふいていくと雑菌の繁殖などを抑えやすくなります。
自作アクセサリーなどはお手入れをしない人も多いですが、ビーズやウッドビーズ、ストーンなどの場合は使い捨ての眼鏡拭きや除菌シートなどを併用することで雑菌関連を防止することにも繋がります。

【悩んだときには貴金属店に持ち込んでみる】
素材がわからないアクセサリーなどは貴金属店に持ち込むことで的確なケアの方法を教わることもできます。
シルバーでもさまざまな種類があり、一点物の指輪などはシルバークレイ胃などを使用している可能性などもあるので、この場合は水分などはあまりよくないものになってしまいます。

貴金属店はスタッフなどは基本的に専門家なので、状態の判断はもちろんですがケアの方法などもしっかりとレクチャーしてくれます。

<汗が着いたアクセサリーが起こすトラブルは?>
汗が付着したアクセサリーはトラブルの原因になります。
錆などの見た目はもちろんですが、着用することで肌荒れなどもひきおこしやすくなり、赤みやかぶれの原因にも繋がってしまいます。

普段は金属アレルギーなどを感じない人でもかゆみなどを感じやすくなってしまうので、使用後はや若いタオルなどでしっかりと汗を拭いてあげることが大事になります。
アクセサリーの多くはこの布拭きで対応できることが多く、お手入れ自体はむずかしくなうことがほとんどです。

ですが、どうしてもアクセサリーという言葉だけでお手入れが大変だと感じてしまうのも事実です。
使い終わったときは布やタオルで拭く、もしくは除菌シートで軽くふいてから布拭きする、」と考えておくだけでも問題はありません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 女性なら誰でも、ストッキングを履く機会があると思います。ちょっとオシャレをしようと思った時、ワンポイ…
  2. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…
  3. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…
  4. 美術館
    京都と大阪の境目・大山崎を阪急電車で通ると、天下分け目の戦いで有名な天王山を見ることができます。 …
  5. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …
  6. 足
    実はO脚は直るものなのです!! O脚になる原因は、脚の筋肉が硬くなってしまうことなんですって。 …
  7. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  8. 映画って楽しいですよね。 映画館の大画面で迫力満点の映像を楽しむのもいいし、お家で、リラックスしな…
  9. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…
  10. オーガニック コスメ
    近年、お肌のためにオーガニックコスメを選ぶ人が増えています。 名前は知っていてもオーガニックを正し…

カテゴリー

ページ上部へ戻る