薄くてもあきらめない!流行のナチュラルストレートまゆげの作り方

  • 2015/5/28

最近のまゆげのトレンドは、ナチュラルでストレートな太い眉。そう言われても、「まゆげを抜いちゃったから、なかなか生えてこない」というお悩みを抱えている人も多いはず。まゆげにも流行があるとは驚きです。

80年代バブルの時代には、黒のペンシルで描き足した極太まゆげが大流行。赤い口紅に肩パットの入った超ミニスカスーツにハイヒールで、戦闘態勢バッチリという服装でした。90年代に入ると、眉毛を毛抜きで抜いた細いまゆげが流行。シャギーの入った茶髪にミニスカ、上げ底ロングブーツで、アムラーが増殖しました。今、考えるとなぜそんなに流行ったのか理解できないですが、流行というのはそういうものなのですね。みんな流れに乗っているから、自分も乗らないと、乗り遅れちゃうという感覚になってしまうのです。知らないうちに乗っかってしまうものなのかもしれません。2000年代は、ハリウッドセレブブームで、女優っぽいアーチ型眉が流行りました。2010年以降は、ナチュラル眉毛が流行中、現在も続いています。というわけで、アムラーだったので、「まゆげを抜きまくってしまいました・・・」という方や、「アーチ眉にしていたから、眉尻の毛がない」という方にも、あらがえない流行のナチュラルまゆげの作り方をご紹介します。

①自分の眉の形を知る。
眉には毛の流れというものがあり、眉頭、眉山、眉尻と流れている方向が違います。まずは、流れている方向にそって、コームでとかしてください。毛の濃い部分と薄い部分を自分でチェックしておけば、メイクの際にどこを描き足せば良いかわかりやすいです。今後、どんなまゆげの形が流行するかわからないので、むやみに抜くよりは、カットする方が無難です。

②眉毛を整える
良く言われている、まゆげの黄金比を頭に入れてカットしてください。
1.眉頭は、小鼻と目頭の延長線上にする
2.眉山は、黒目の外側と目じりの間におく
3.眉尻は、小鼻と目尻の延長線上にする
4.眉尻は、眉頭より下にさげない
これをふまえて、だいたいのラインを想像しておくことが大切です。ペンシルで眉の形を描いておいてもよいでしょう。ナチュラルまゆげの作り方なので、眉の形を作るという意識よりは、伸びた部分をカットするという考え方で整えてください。コームで眉を流れにそってとかしたら、眉頭から眉山の毛を軽く指で押さえ、上にはみ出した部分をカットします。眉山から眉尻の部分は、同じく軽く指で押さえ下にはみ出した毛をカットします。カットする時は、眉毛に集中しがちなので、大きな鏡で全体を見ながら整えると、イメージがつかみやすいです。

③ナチュラルストレート眉メイクの仕方
眉をカットしたら、あとは足りない部分を描き足していきます。めざすのは、眉頭から眉尻まで角度をつけないで、なだらかなストレートにすること。パウダーで描くと自然になりますが、最初はペンシルで下描きをして練習しても大丈夫。ポイントは、眉頭と眉山までの幅はだいたい同じくらいにする。眉尻は細くし過ぎず、自然に少し太目のまま終わる。という2点。
1.眉頭にパウダーをのせ眉山に向け少しぼかします。
2.眉山下が薄い人は、眉頭の太さと同じくらいの線を眉山の下に描き、中をパウダーでぬりこみます。
3.眉尻は上の部分を描き足し、眉山からのストレート感を意識して、自然に終わるようにします。
眉マスカラを塗ってもいいですが、ナチュラルを目指すのであれば、マスカラの塗りすぎ防止の為に、一度ティッシュオフしてから塗ってください。

④眉毛のはやし方
毎晩のお顔のお手入れの時に、眉毛にもクリームや乳液などを塗っていますか?無意識に避けて塗っていなかったという方は、是非塗ってみてください。効果がある場合もあります。
もっと直接的に、最近は眉毛の育毛剤なども売っていますが、育毛剤という言葉が少し抵抗があるという方は、まつ毛の美容液を塗るという手もあるようです。まゆげの形や太さで、顔の印象は変わるもの。自分にあった太さと形を見つけることも大切ですね。お休みの日に、眉カット&眉メイクにトライして、これだ!という眉毛の形を見つけてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 手をつなぐ男女
    大好きな人としたはずの結婚。最初は少しでも一緒にいたいと思ったはずの相手のことが、気づけば少しでも家…
  2. メイク用品
    この時期はメイク用品にも新たな彩りが加わる季節ですね。 可憐なピンクや夏を先取りしたような鮮やかな…
  3. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  4. 北海道旅行
    北海道は人気の旅行先として不動の地位を築いていますが、特にゴールデンウィークの時期、冬が終わりどんど…
  5. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  6. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  7. 花火大会
    花火といえば、夏の風物詩ですよね。 でも実は、秋だって花火大会を楽しむことができるんです。 …
  8. リフレクソロジー
    仕事や子育てなどで、心身ともにすりへってきたな~と感じている方は多いと思います。 そんな時、旅…
  9. 2015年の流行です。 トレンドのキーワードを5つピックアップしてみました。 【その1 昆虫…
  10. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る