インテリアショップCHLOROSで見つけた素敵アクセ

  • 2015/9/15

北欧の家具は、誰もが一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか。家具を買い替えるのはそうそうチャンスがあるものではありません。でも、ネットショッピングやウインドーショッピングで、素敵な家具を眺めるだけというのも楽しいものです。

CHLOROSは、北欧スタイルの家具やインテリアを取り揃えたオンラインショップです。ビンテージものなど、他では手に入りにくいものも扱っています。

でも、今はちょっと家具を買う時期じゃ・・・という人のために、インテリア以外のおしゃれなアクセサリーをピックアップしてみました。インテリアだけじゃなく、ヨーロピアンスタイルの素敵なアクセサリをのぞいてみるのはどうでしょうか。

FILTフランス製ネットバッグ
bag
FILT社はフランス生まれの会社で、ネットやロープに特化した商品を生産しています。このネットバッグは小さく折りたためる、使い勝手の良いバッグです。ヨーロッパでは市場に買い物に出かける時にもっていくのが定番です。こんなバッグでなら食料品の買い出しも楽しいですね。

KOKO KLIMスカーフショール
scarf
KOKO KLIMはスペインの小さなクラフト工房です。エレガントでシンプルなスカーフショールはどんな服装にも合わせやすく、飽きが来ないデザインです。こういうシンプルでどんな服にも合わせやすいものだからこそ、質の良いものを持っていたいです。

DEPEAPA木製ブローチ
brooch
DEPEAPAはスペイン在住の女性デザイナー、ヴェロニカのブランドです。人や動物、花をモチーフにした木製のブローチです。ブローチって、意外に使い勝手がいいですよね。ちょっと寂しい時にアクセント替わりにしたり、スカーフやショールの抑えに使ったり。バッグに付けておくのもキュートです。

Kumekoコットン×レザー、トートバッグ

Kumekoはドイツで活動しているブランドです。コットンとレザーを用いたシンプルで使いやすいトートバッグです。取っ手の部分に皮を使っていて丈夫でサイズも十分な大きさです。ポケットの形がおしゃれで、かつ使い勝手が良いです。機能性を重視するドイツっぽいアイデアです。

SIWA名刺ケース
meishi
山梨県の和紙メーカーがデザイナーの深澤直人さんと一緒に作った「SIWA紙和」シリーズです。破れない障子紙「ナオロン」にしわを造り新たな風合いを生み出しました。独特のニュアンスがとても個性的です。日本人として、懐かしい感じがする素材です。

UASHIMAMAペーパーランチバッグ
bag3
イタリアの4人姉妹によって作られた家族経営の会社です。紙製のバッグですが、洗うことができる特殊な紙を使用しています。地球にも優しい素材です。肌触りもなんだか暖かみがあって、癒し系です。

もちろん、家具やインテリアも見てみてくださいね。どれもこれも欲しくなってしまうかもしれません。
http://www.chloros.jp/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. エピレ脱毛体験
    エピレ仙台店で両ひざの脱毛をしてきました。 期間は2014年の2月~4月。お試しプラン980円のコ…
  2. 白って汚れるのが気になってしまったり、コーデをしようとしても上手くキマらなかったり。 ベーシックな…
  3. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…
  4. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  5. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  6. Malaysia
    私は韓国からマレーシアに移住しました。 まず、韓国人なのになんで日本語がしゃべれるかとよく聞かれま…
  7. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  8. 女子会の旅行
    2015年は6年ぶりのシルバーウィークのある年です!これを逃すと9月の大型連休は2026年までないそ…
  9. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  10. 瀬戸内海に浮かぶ小さな島「直島」をご存知でしょうか。香川県の北に位置するこの島は、現代アートの島とし…

カテゴリー

ページ上部へ戻る