ムダ毛はサヨナラ!美肌効果もあり!?オススメ豆乳ローション!

  • 2015/11/10

○簡単・コスパ最高!豆乳ローションって?
皆さんは豆乳ローションって聞いたことがありますか?豆乳ローションとは、豆乳・レモン・エタノールのみで出来る簡単美容液です!成分や材料が違うもので市販品も多く存在しますが、手軽に誰でも作れるのでぜひ作ってみてください!

○気になる豆乳ローションの効果って…?

1番有名なのはムダ毛への効果です。カミソリなどで処理したあとやお風呂後に豆乳ローションを塗ると段々と毛が薄くなり、処理の期間もずいぶん空くようになります。太い毛もどんどん細くなるので、そっと手でつまむだけで抜けるようになることも。また他の効果として美白・黒ずみ・色素沈着・体臭・にも効果があります。そして女性には特に嬉しいバストアップの効果も!

○でも何でそんなに効果があるの?

豆乳ローションが女性に嬉しい効果だらけなのには、豆乳に含まれるイソフラボンが大きく作用しています。女性ホルモンの主成分のエストロゲンとイソフラボンは似た作用があると言われています。女性ホルモンとは薄毛や美白などの作用を持っているので、それと似ているイソフラボンには女性に嬉しい効果がたっぷり詰まっているのです。

○実際に作ってみよう!
http://tlotion.1alllike.com/2007/01/post_1.html (レシピURL)
簡単なお料理を作るような気分で作れるので皆さんもぜひ作ってみてください!

必要な材料・器具
・生のレモン(2個)
・無調整豆乳(500ml)
・消毒用エタノール(50~100ml/肌によって調整)
・小ぶりな鍋
・温度計
・キッチンペーパー
・コットンタオル
・ボウル
・ざる
・軽量スプーン
・清潔な容器を必要数(400mlできるのでそれが入るぐらい/1つの容器は1週間で使い切れるぐらいのサイズ)

詳しい作成方法はレシピURLに記載されていますが、ざっくりと説明すると小鍋で温めた豆乳に絞ったレモン汁を入れて分離させて消毒用エタノールを入れる。そして分離したものをタオルとざるとボウルを使って濾せば完成!とっても簡単で短時間でできます。材料や器具も100均やスーパーで買えるものばかりなので手間もかかりません。また、濾したあとに残った絞りかす。これは密閉容器などに取っておいてください!お風呂や洗顔の時に手に取り、少量の水と一緒に手のひらでよく練ります。そうするとねっとりとした泥状になるのでそれを顔や手足などに塗り、2~3分おいてパックします。時間が経ったら丁寧に拭き取ってから水ですすぎます。そうするとしっとりもちもちのお肌に!触ると手に吸い付く感触はやみつきになります!ローションは冷蔵庫保存で1週間、冷凍して半年の保存が可能です。パック用の残りかすは冷蔵庫保存で2~3日ほどで使い切りましょう!

○豆乳ローション使用時の注意事項!
豆乳ローションは個人差はあるものの、効果的な物のため使用時には気を付けて頂きたいことが。まず毛が抜けてほしくないところには使用しない!これは残りかすパックの時も同じですが、まつ毛や眉毛など抜けて無くなってしまうと困る毛にはつかないように気を付けてください。2つ目に乾燥肌や敏感肌の人は使用を慎重に!はだが強い人もそうですが、初めて使うものは必ずパッチテストを行ってください。テストの結果、荒れてしまったり赤くなってしまうようなら残念ですが使用は控えた方が良いです。また、乾燥肌には消毒用エタノールの量を規定量範囲内で少な目にすると良いです。3つ目は尿素入り化粧品とは併用しないこと!尿素とイソフラボンは相性が悪く、反応してアンモニアを作ってしまうので一緒に使ってはいけません。化粧品などの成分を今一度確かめてから使用してください。

今回は私オススメの豆乳ローションをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?継続は力なり!すぐに効果はなくても続けていくことで効果が出てきます。皆さんもぜひお試しください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  2. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…
  3. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  4. 「水素」はお肌や体に良いとされており、爆発的ブームとなっているのはみなさんご存知とは思いますが・・・…
  5. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…
  6. シンプルなコーデほど難しい。 オシャレが好きな女の子達にとってシンプルにオシャレを楽しむということ…
  7. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  8. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  9. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…
  10. 今や100円均一というと、なんでも揃ううえに100円とは思えない品質の高さに驚かされますよね。 ネ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る