お手軽!リーズナブル!で満足できる、博物館デートって!? 

  • 2016/12/2

あなたはデートで美術館へ行ったことはありますか。

「真面目な雰囲気で堅苦しい、会話が盛り上がらない」「見てもあまりよくわからないし、しゃべっていると怒られそう」などの理由で敬遠する人もいるかもしれませんね。そこで、もう少し気軽であまり知識や興味がなくても十分楽しめる「博物館デート」はいかがでしょう。

●マップル観光ガイドの「全国の人気博物館ランキング」は……

1位 東京国立博物館(東京都台東区)
日本を中心にアジアの歴史資料、美術品など約11万件以上が収蔵。

2位 商いと暮らし博物館(愛媛県喜多郡内子町)
江戸時代後期から明治時代の建物を利用した博物館。

3位 松本市時計博物館(長野県松本市)
和時計、掛時計、置時計など和洋の古時計資料約600点を所蔵。

4位 山形県立博物館(山形県山形市)
山形県を中心に、自然・人文の資料を収集・展示した総合博物館。

5位 福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)

6位 市立大町山岳博物館(長野県大町市)

7位 北九州市立いのちのたび博物館(福岡県北九州市)

8位 東京国立近代美術館フィルムセンター(東京都中央区)

9位 東武博物館(東京都墨田区)

10位 京都国立博物館(京都府京都市)
(11位以下は、こちらを参照→ http://bit.ly/1v6uJyd

いかがですか。行ったことのある博物館はランキングに入っていましたか。このランキングでは26位ですが、ぜひ一度行ってもらいたい博物館があります。

●時代物に興味がない人も「こんな博物館があるんだ」って、きっと満足!

それは、「江戸東京博物館」(東京都墨田区)です。オープン当時も首都圏ではかなり話題になり、すでに15年以上はたっていますが、東京にすむ人でも意外に行ったことがない人が多いんですよね。

博物館と聞くと堅苦しいイメージですが、ここは、実物大模型や当時の様子を忠実に再現した緻密なミニチュア(でも、スケールは大きい!)、豊富実物資料により、江戸と東京の文化や人々の生活を楽しみながら見たりさわったりできるんです。時代劇好きはもちろん、江戸時代や東京に興味がなかった人でも十分楽しめるはず。しかも入場料は大人600円とリーズナブルなのもウレシイですね。

館内は「江戸ゾーン」「東京ゾーン」というメインの常設展示と「第2企画展示室」で構成されていて、メインの常設展示場(5、6階)をじっくり見て回るだけでも3時間以上はかかります。

江戸ゾーンに入場して最初に圧倒されるのは、原寸大に復元された木造の江戸時代の「日本橋」です。また実物大で再現された長屋は、八百屋さんの野菜までがリアル。歌舞伎座や日本橋の精巧なミニチュアでは、町を行き交う人々の姿がイキイキと再現されています(現在の繁華街とそっくり!)。

東京ゾーンでは、文明開化、産業革命、下町の庶民の暮らし、空襲や震災からよみがえった町など、明治〜大正〜昭和の東京を動くミニチュアや実物資料で紹介しています。

大名の駕籠に乗ったり、千両箱を持ち上げたり、タイヤの大きさが極端に違うダルマ自転車に乗ったりする体験コーナーも充実しています。

動く展示物では、歌舞伎の舞台の仕掛けや路面電車の走る銀座の町を真上から見下ろせたり。展示物以外にも大画面を見ながら、やじさん、きたさんになって東海道中をクイズで楽しめます。お土産フロアも充実していますよ。
日・米・中・韓国語の解説も聞けます。

2015年3月28日から常設展示をリニューアルオープンしますので、この機会にぜひ足を運んでみてください!

「江戸東京博物館」
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/ 

  • 場所:東京都墨田区横網1丁目4-1
  • アクセス:地下鉄大江戸線「両国駅」からすぐ。有料駐車場あり。
  • 営業時間:9:30~17:00(土曜は19:00まで)
  • 料金:大人600円、大学・専門学生480円

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ハンドクリーム
    体の末端のお手入れがきちんとできている女性は美しいと言いますが、皆さんの毛先、手先、足先は如何ですか…
  2. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  3. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  4. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  5. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  6. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  7. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  8. ノースサファリサッポロは北海道札幌市内にあるサファリパークです。「動物との触れ合い」をテーマにしてお…
  9. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  10. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…

カテゴリー

ページ上部へ戻る