本当におしゃれな女性とは、雨の日にこそ、新しい靴をおろすもの

  • 2016/9/5

何とも粋な発想ですが、理想と現実の間には、薄いけれども硬い壁がたちはだかっています。低気圧になると、髪はまとまらないし、肌はベタつきがちになり、化粧乗りもいまいち。おまけに、服や靴が傷むペースが早くなるのも憂鬱。こんな日は、引退寸前の一番古株の靴ででかけると、そんなときに限って、意外な人に会ったりするものなのです。「ああ、間が悪い」と、思わず、ため息をつきたくなりますよね。とはいえ、念入りに手入れをして、長く使い続けたい大切な小物も多いもの。雨が降っても、センスの良いスタイルをキープするのは、やはり、難しいのでしょうか。

いいえ、こんなときだからこそ「レイン・シューズ」と「レイン・コート」が大活躍するのです。どうせ、消耗品だと割り切って「レイン・グッズ」は安物ですましている方も多いかもしれません。けれども、他の人があまり気にかけていないアイテムだからこそ、ちょっと工夫するだけで、ずいぶん、洗練されたおとなの女性に近づけるチャンスかもしれません。

「滅多に使わないものに、お金をかけたくない」
「汚れるための小物なのに」

という意見は、もっともだと思います。しかし、あまり頻繁に活躍するアイテムではないからこそ、たとえ、条件の悪い日専用にしたとしても、長持ちするのです。だから、逆説的な発想になりますが、ここはある程度、上質なものを選ぶと、かえってお得かもしれません。

それに、普段履く靴や、コートを購うには、かなり値がはるブランドであっても、「レイン・グッズ」であれば、手が届くプライスで展開しています。とくに、天候が不安定な「イギリス製」のものは、さすがに上質で機能性に優れています。また、「雨の日専用」とうたっているだけのことはあり、軽く丈夫で、お手入れも簡単なのが嬉しいところ。

というわけで、まず、「レイン・シューズ」や「レイン・コート」をそろえて、履き心地や、使い勝手の良さを体感してみてください。そして、傘も、コンビニ・エンスストアで売っているビニール傘だけでなく、一本は、骨格のうつくしいものが欲しいというのが本心でしょう。開いても、閉じてもエレガントな傘ならば、細くたたんだ状態で、腕にかけて持ち歩くだけでも誇らしい気持ちになります。「雨の日なのに」ではなく「雨の日だからこそ」明るい気分で颯爽と街を歩きたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…
  2. 前回に引き続き、お酒について調べてみよう! ということで、今回はその洋酒編です。 洋酒はかなり種類…
  3. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  4. フランスコスメ
    今回はフランス在住主婦が、日本でも購入できるフランスのお勧め基礎化粧品を紹介します。 フランス…
  5. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  6. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  7. 優雅なランチ
    ゴールデンウィークなどの長期連休は、普段とは違うお食事を楽しみたいですよね? 外食で、ファミレスや…
  8. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  9. 今ではスタンダードになった炭酸美容。まだ、スキンケアでもシャンプーでも値段が高くて試せないと言う話を…
  10. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…

カテゴリー

ページ上部へ戻る