あなたは紙書籍派?それとも電子書籍派?

  • 2016/7/11

iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。
私もnexus7を愛用しています。

 
タブレットでは、電子書籍を購入して読むことができます。
いままでは紙の書籍を持ち歩いていた人も、タブレットひとつに集約することができます。
便利ですね。

ただ、紙書籍も味があって捨てがたいという方もいるのではないでしょうか。
今回は紙書籍と電子書籍の違いとそれぞれのメリットをご紹介します。
book

【持ち歩きやすさ】

上でも書いているとおり、タブレットではデータがタブレット内に保存されていればよいので、タブレット以外に何か持ち歩く必要なく、何冊も持ち歩くことができます。
一方、紙書籍の場合は、読みたいものをすべて本の形で持ち歩く必要があります。

ですので、持ち歩きやすさとしてはタブレットのほうがすぐれていると言えます。

 

【読める種類】

以前は、電子書籍としてリリースされているものは種類が少ない状態でした。
そのため、読みたい本のうち1冊に電子版が存在しておらず、タブレットと紙媒体の両方を持ち歩かなければならないことも多くありました。

最近では、電子書籍としてリリースされる種類もかなり増えてきました。
読みたい本がピンポイントに決まっている場合には、紙媒体でしか読めないこともありますが、読みたいジャンルで、という程度の絞り方であれば、だいたいは電子辞書で事足りるといえるでしょう。

まとめると、今では多くの電子書籍がリリースされているため、ジャンルごとにだいたいのものはタブレットで読むことができます。

 

【読みやすさ】

タブレットで読む場合は電子画面になりますので、人によっては読んでいて疲れがでることがあります。
私の場合、昼間はパソコン仕事をしているため夜は目が疲れています。
なので、帰りの電車内でタブレットでの読書はしんどいときがあります。

一方、紙媒体の場合は紙なので、タブレットの電子画面と比べて疲れることも少ないと思います。
好みやライフスタイルにもよるかと思いますが、目が疲れやすい人、とくにドライアイの人は紙媒体のほうが良いかもしれないですね。

 

【内容】

小説の場合は、紙媒体も電子媒体も同じだと思います。
紙と画面のサイズの違いにより、各ページのレイアウトが異なる可能性がある、くらいでしょうか。

雑誌の場合、今は付録がついているものが多くありますが、電子書籍の場合は付録がつきません。
(ちなみに、電子書籍で付録なしでも、値段は紙媒体と変わらないことが多いです)
また肖像権などの問題により、紙媒体では掲載されているが電子書籍では掲載されていない写真がある、というケースもあります。

逆に、電子書籍にのみオマケのデータがついていることもあります。
つまり、その本の種類にもよりますが、紙書籍が充実しているケース、電子書籍が充実しているケース、そしてどちらも同一であるケースと3パターンがあります。

 
いかがでしょうか。
私個人としては、紙書籍のほうが好きなのですが、持ち運びの利便性などを考えて、普段はタブレットで電子書籍を読んでいます。
どうしても読みたい本があって、その本が電子書籍でリリースされていないときのみ紙書籍を持ち歩いています。

みなさんも、紙書籍と電子書籍のそれぞれのメリットを理解し、上手に活用していきましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. コーヒー
    子供の頃、三時のおやつと聞けばおなかが空いていなくてもつい嬉しくなっちゃいましたよね。大人になって、…
  2. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  3. いちごジャム
    ○実は簡単!手作りジャム ジャムを手作りしたことはありますか?出来立てあつあつのジャムをアイスクリ…
  4. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  5. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  6. 東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  7. 横浜
    住みたい街ランキング上位に毎年、君臨する横浜。 街のいたる場所に海外との歴史の深さを感じさせる日本…
  8. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  9. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  10. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る