トリートメントのベストな使い方知ってますか?

  • 2016/9/16

トリートメントは髪にいい。これは誰も知っていることですが実際にはどれを選んだらいいのか、はわからない人が多いのも現状です。リンス、コンディショナー、トリートメント、の違いがよくわからない人も多いです。

<リンス>
櫛通りを良くするためのものであり、主な効果は被膜になります。ダメージ補習効果はほぼないので子供さんなどの使用がお勧めです。
<コンディショナー>
リンスとトリートメントの中間になります。効果もトリートメントほどはないですがダメージの少ない髪には問題なく栄養補給が可能です。社会人には効果的には物足りないものが多いです。
<トリートメント>
ダメージヘアなどに栄養を入れる効果が期待できます。カラーリングや縮毛矯正、パーマなどをしている人やしていた人はトリートメントを使うことがお勧めです。基本的にはほとんど髪に適応する内容になっています。
<ヘアパック>
トリートメントを毎日のケアに使っている人が週1~2度使うことでより、髪質を向上させたりダメージケアの効果を出しやすいものになります。
<頭皮パック>

頭皮ケア用のものですが中には毛髪にも効果のあるものがあります。頭皮の臭いが気になる人などは週1~2度の使用で改善されることが多いです。毛穴の汚れや皮脂を取り除き、毛穴にダイレクトに栄養を入れる効果が期待できることや、シャンプーでは落しきれない毛穴の奥の参加した油などを分解する効果も期待できます。

トリートメントはこのように分別されているので目的に合わせてセレクトしましょう。

【トリートメントは長い時間おけばいいの?】

トリートメントは最初の5分間は急激な浸透率を見せます。その後は緩やかになり、10分以上の効果はほぼ横ばいになります。短時間で終わらせるならば、5~7分の放置で問題ありません。

その後はしっかり洗い流しても化学反応は終わっているので効果に変わりはありません。
軽くぬめりがある程度に残すという考えもありますが、肌に触れた際の不快感などからもしっかり洗い流してしっかりかわしたほうがストレスにもなりません。

洗い流さないトリートメントなどを併用することでヘアケアの効果を相乗的に引き上げることもできます。

どのトリートメントも共通しているのは、「放置時間は10分まででOK」「しっかり洗い流しても問題はない」になります。

最短時間で最大の効果を狙っていきましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 突然ですが、あなたの普段使いのバッグ、重いですか?それとも軽いですか? 実は、私のバッグは先…
  2. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…
  3. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  4. ジェルネイル
    ネイルといえば、最近ではジェルネイルが定番となりつつあります。 ネイルサロンはもちろん、セルフネイ…
  5. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  6. 星座
    人間は生まれた星座によって生まれ持った性質や行動パターンが備わっています。 それは生きていく中で形…
  7. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  8. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  9. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  10. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…

カテゴリー

ページ上部へ戻る