すっぴんのほうが肌にいいって・・・ホントはどうなの?

  • 2016/9/9

よく女性たちの間で騒がれているすっぴんか化粧をするかの問題。あなたはどちら派ですか?結局どちらがいいといえるんでしょうか?今回解説しました。

1.普段からすっぴんで過ごすメリット
化粧品はどうしても肌の通気性を損なってしまうものです。どんなに肌に負担をかけない化粧品であっても、まったく化学製品を使っていないものはまれであり、ノーダメージというわけにはいきません。
肌から水分を奪っていってしまうことになりますし、化粧をしている時間が長時間になれば皮脂と混ざって毛穴が詰まってしまう可能性があります。
それに化粧をするということは、肌が老廃物を排除する機能を少なからず邪魔することになるんです。
そうなるとニキビや吹き出物ができやすい肌の状態になるので、とても健康的とは言えません。
つまり肌本来の働きを損なわないすっぴんは、とっても肌にメリットがあるといえます。

2.普段からすっぴんで過ごすデメリット
一方、見方によってはすっぴんこそ肌に良くない!という考え方もあります。
それは肌の乾燥と紫外線の問題なんです。
いわゆる乾燥肌の人は、肌への外気や風などの刺激にとっても敏感になっています。昔なら肌にあたる刺激といえば、せいぜい砂埃程度でした。
でも今の時代はPM2.5などの化学物質を含んだ空気が蔓延する時期がありますよね。乾燥肌の人は肌のバリア機能が落ちているので、これってとっても危険なんです。
そういった状況において、すっぴんは肌を守ってくれる存在がなくとっても危険!化粧をすることで肌を少しでも守ることができます。
ほかにも紫外線の問題があります。紫外線は肌にシミなどをもたらす困った存在。何としてもそんな紫外線から肌を守りたいですよね。
そんな困った紫外線から守ってくれるのが化粧です。最近のファンデーションの中には、日焼け止め機能があるものが少なくなく、手軽に紫外線対策ができるようになっています。
特に夏の紫外線が強い季節は、すっぴんの状態はとっても危険!化粧で肌を守りましょう。

3.結局どっちがいいの?
こうなってくると一体どっちがいいの!?ってなりますよね。
でも正解はとっても簡単です。大切なのは屋外にいるか屋内にいるかなんです。
屋外にいるときはどうしても、肌へのダメージになる要素が強くなります。なので外での用事が長時間になるときはぜひ化粧をしてください。
逆に屋内にいることが多いときは、すっぴんのほうがメリットが高いですよ。ただし乾燥肌の人は屋内でも、空気の乾燥で悪化することがあるので保湿を心がけましょう。
すっぴんは基本的には肌にいいことですが、自分の状態によってはかえって肌を痛めてしまうことがあります。ぜひそれぞれのメリットを状況によって使い分けてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  2. 持ち家?賃貸?
    30代、40代の住まいは持ち家が多いのか、借り住まいが多いのか、そして持ち家がある場合は、なかなか人…
  3. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  4. 東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  5. 砂浜に書かれたハート
    恋愛は大体つらいことがあるものですが、特につらいのが片思いですよね。思い続けるのも告白してフラれるの…
  6. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  7. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  8. 近頃は、結婚式の形もいろいろと変化し、昔のように盛大に豪華にあげるといったことも少なくなってきました…
  9. 20代では真剣に考えないのが、生命保険や医療保険だと思います。 確かに入院するような病気もしないで…
  10. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…

カテゴリー

ページ上部へ戻る