効果絶大!! ニキビケアで大切な6ステップ

  • 2017/4/28

女性のお肌トラブルの中で多くの女性が、一番の大敵と指をさすのは『ニキビ』です。お肌の乾燥や、毛穴の汚れやつまり、刺激、などによってニキビは発生します。今回はそんなニキビに効果絶大な6つのケアをご紹介させていただきます。

【顔に刺激をあたえない】
頬杖をついたり、髪の毛が顔についたり、洋服の袖やタオルによって肌が刺激されるとニキビが出来やすくなります。特に、様々なものに触れた手や、整髪料や皮脂がついた髪の毛が、顔につくとそこから細菌が増え、ニキビが出来やすくなります。

【洗顔は優しく泡で。そしてW洗顔不要商品はNG】
お肌は刺激に弱いのでごしごしこするのは逆効果です。そして、最近、W洗顔不要というとても便利な商品が巷で出回っていますが、おすすめ出来ません。何故なら、本来クレンジング剤と洗顔料は落とせる汚れの種類が違うからです。メイクなどはクレンジング剤でしか落ちないし、皮脂や、古い角質、ほこり、花粉、などは洗顔料でしか落ちません。なので、美肌を目指したいのであれば横着はやはり禁物ですね。

【スチーマーはお肌トラブルの強い味方】
スチーマーはお肌トラブルの強い味方です。私も毎日、助けられています。ニキビケアで一番大切なのは保湿です。スチーマーは約10億分の1のナノミストという微粒子が、お肌の奥の奥まで浸透するので、乾燥にも、お肌のターンオーバーにも、絶大な効果を発揮してくれます。スチーマーをかけた後は化粧のノリもよくモチもいいです。
美顔スチーマー

【ミネラルファンデーションはお肌に優しい】
お化粧品で肌荒れが出やすい方は、ファンデーションはミネラルファンデーションがおすすめです。お肌の刺激となる成分を取り除き、残ったミネラルだけで作ったファンデーションなので、お肌に優しくって当たり前ですね。ですが、皮脂や汗などで落ちやすかったり、塗り方によっては粉っぽくなりやすいのが難点です。でも、お肌にいいのは実感できます。
ミネラルファンデーション

【ニキビには納豆が◎】
納豆にはニキビにいいリノール酸や、ビタミンEや、ビタミンB2が、豊富に含まれています。毎朝、納豆を食べている私には嬉しい話……と思っていたのですが、なんと、食べる時間帯は血液が滞りやすい夕食時に召し上がるのがベストだそうです。そして、納豆は混ぜれば混ぜるだけよい効果が期待出来ます。

【ストレスは肌の大敵】
ストレスを抱えてしまうと、お肌の免疫力は勿論、全体の免疫力も低下してしまうので肌荒れしやすくなります。特にストレスは胃にきます。胃の荒れはお肌の荒れにも繋がるのでストレスの発散は大事です。
ストレスのたまった女性

顔に一つニキビが出来るだけで顔の印象はだいぶ変わってしまいます。ですが、正しいお肌に関する知識を知って、きちんと実行出来ればお肌はその頑張りにきっと応えてくれます。誰もが羨ましがる美肌を手にいれて、みんなに自慢しちゃいましょう!!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. シンプルなコーデほど難しい。 オシャレが好きな女の子達にとってシンプルにオシャレを楽しむということ…
  2. 睡眠
    皆さんは夜眠りにつく前にどんなことをしていますか? 今やスマートフォンでいつでも情報を得たりゲ…
  3. 温泉地の極上のお宿
    いつもは仕事で忙しく、なかなか一緒にいられないカップルのみなさん!ゴールデンウィークは休みを合わせて…
  4. アロマオイル
    皆さん日常的にアロマオイルを焚いたりして、ストレス解消に役立ててないですか? じつは、そのアロマオ…
  5. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  6. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  7. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  8. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…
  9. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  10. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…

カテゴリー

ページ上部へ戻る