国際恋愛事情 リアルな価値観の食い違い

  • 2017/4/7

国際結婚や国際恋愛なんて今やさして珍しくも無くなった今日この頃。
今も現在進行形で外国人と付き合っているまたは片思い中の方もいらっしゃるでしょう。
でも日本人同士でも起こる様に、育った環境の違いから来る価値観の違いによるトラブルなんてものも多く、そもそも根本的に価値観が大きく違う事から日本人同士の場合以上にお互いの価値観のすり合わせに相当な努力を要します。
しかしここでお互いに歩み寄る事が困難になり、衝突が絶えず「こんなはずでは…」なんて事になってしまう方も少なくないですね。
ここでは日仏カップルの事情を例に挙げてみていきましょう。

【1】曖昧な言動は×
基本的に和を重んじて常に周りの空気を読むのは日本人の特徴ですよね。それは良く言えばフランス人には無い細やかな気配りが出来るという長所で、こういった気配りが行き届いた日本の接客サービスに感激するフランス人旅行者も多いです。
しかしそれはともするとただ単に曖昧で自分が無い人間だと思われてしまう節が有ります。場合によってはフランス人からすると何を考えているのかわからないと敬遠されたり、逆に逆手に取って好き放題に利用される恐れが有ります。

これは特にフランス人男性と良い雰囲気になって来ている、または付き合い始めたばかりの方にご注意頂きたい点で、この時点で自分の意見をはっきり言える様にしておかないと、断り切れずにずるずると深い関係に持ち込まれたり、良い様にされて結局は遊ばれて終わった、なんて事になりかねないので気をつけましょう。

【2】必ずしも恋愛→結婚という考えではない
次に気を付けたいのが結婚に対する認識の違いです。
フランスでは結婚よりも手続きが簡単なパクス(PACS)と呼ばれる連帯生活契約というものが有ります。平たく言うと事実婚の契約とも言えるのですが、なんとこの契約、兄弟姉妹間さらには同性間でも適用され、結婚ではないものの、結婚しているカップルとほぼ同等の扶養や行政サービスが受けられるので、同性愛者が利用している事も多いですね。

フランス人には結婚に対して現実的な考え方をする人が多く、もし関係が破たんした場合にわざわざ弁護士を立てて裁判をしなければならないという体力的・精神的更に経済的にも負担がかかる結婚よりも、嫌になったら簡単に解消出来るパクスの方を選ぶ人が多いです。

それは決して愛情が薄いわけではなく、逆にきちんとお互いの将来を思っているからこその選択である可能性が高いので、決して落胆する必要は有りません。むしろ付き合って早い段階で結婚をほのめかす様なフランス人男性の方が裏が有る場合が多いので要注意です。

【3】高い声はNG!「女らしさ」に対する認識の違い

日本で女らしさというと、家庭的でいつも笑顔を絶やさず、自分の意見をあまり出さない従順な女性をイメージしがちですよね。
気になる男性を引き付けるテクニックとして、高い声で話したり、男性の話に対して、大した事でもないのに「すごーい」と大げさなくらいにリアクションする事が推奨されていますよね。
しかしこれをフランス人の前でやってはいけません。一部の日本人女性好きなフランス人相手なら受けるかもしれませんが、普通の感覚のフランス人男性なら頭の弱い女性だと思い引いてしまいます。ここでは恋愛がテーマなので男性目線で書いていますが、こういった言方を大変嫌うフランス人女性も多いので、フランス人女性と知り合ったあるいは友達になりたいという方も、無駄に高い声では無くナチュラルな地声で話す事を心掛けましょう。

【4】基本カップル単位で行動・飲み会について来たがる
これは日本在住の日仏カップルに多いトラブルなのですが、職場の飲み会に理解を示さないフランス人彼氏や配偶者の多いこと!
これが原因で大喧嘩になるカップルも少なくないですし、特に日本の文化を受け入れようとしない傲慢なタイプのフランス人男性だとまともに取り合ってすらくれません。
ある意味ここで彼の度量が見られるわけです。もし全く理解を示さない、それどころか話すら聞かずに感情的になってこちらの意見を全否定するような相手なら、今後の付き合いは考えましょう。日本人でもフランス人でも、ろくに話し合いが出来ない相手と付き合うのは余計な苦労をするばかりで時間の無駄です。

ここまで日仏カップルの間によく起こる問題をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
やはり日本人と付き合うのとはまた違い、文化や習慣が違うと言葉や態度一つでもお互いの捉え方が全く違ってくるので、日本人同士の「言わなくてもわかる」的な暗黙の了解が無いという事、つまり余計に多くコミュニケーションを取っていかなければならないという事ですね。

このコミュニケーションを常に円滑にし、お互いがお互いの価値観をうまくすり合わせる様に努力出来れば、破局率が高いと言われる国際恋愛も長く良好な関係を続けていけるので、国際恋愛中の皆さんはこれだけしっかり念頭に置いて恋愛をエンジョイしてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  2. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  3. Malaysia
    私は韓国からマレーシアに移住しました。 まず、韓国人なのになんで日本語がしゃべれるかとよく聞かれま…
  4. 星座
    人間は生まれた星座によって生まれ持った性質や行動パターンが備わっています。 それは生きていく中で形…
  5. 生理中と生理前後は女性にとって辛い時期…人によっては生理痛もひどくて日々の生活に支障が出るほどに。そ…
  6. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  7. むくみ
    普段、長時間の立ち仕事をしている方は、他の方より足がむくみやすくって困っているんじゃないかと思います…
  8. 富山県
    3月14日、東京ー金沢まで直行できる北陸新幹線が開通。 これまで新幹線と特急を乗り継いで約4時間か…
  9. いちごジャム
    ○実は簡単!手作りジャム ジャムを手作りしたことはありますか?出来立てあつあつのジャムをアイスクリ…
  10. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…

カテゴリー

ページ上部へ戻る