2017年 春夏のモードコレクション Part1

  • 2017/3/31

イタリアも夏時間に変わりました。
朝晩の空気はまだまだ冷たいものの、陽光はすでに春を告げています。
ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリで行われたコレクションから、今年の春夏に「ワードローブに加えるべきアイテム」を3回に渡りご紹介いたします。

1.なんといっても黄色!
黄色をどこかにあしらう、なんてかわいらしいものではありません。頭のてっぺんからつま先まで、そしてアクセサリーまで黄色で、というのが今年のモーダ。靴、バッグ、宝石も明るい黄色がウインドーを飾って春を盛り上げています。エミリオ・プッチ、ジル・サンダー、ポーツ1961などを参考にしてみてください。

2.プリーツっぽいのスカート
なんだかおばさんぽい、と敬遠されていたプリーツっぽいスカートが復活です。スカートの長さは、膝下くらいがベスト。ロエヴェ、マルニ、ポール・スミスなどを参考に。

3.ちょっと奇抜なトレンチコート
春先の必需品といえばトレンチコート。まだは寒い季節、軽いトレンチが風邪に翻る姿は女性でもうっとりします。今年のトレンチコートのモーダは、型破りなフォルムが特徴。形を崩して、細部にジュエリーをあしらってみましょう。バーバリー、プラダ、ボッテガ・ヴェネタのコレクションに登場しています。

4.デニムの人気は健在!
デニムのシャツ、ボトム、コートなど、相変わらずその人気は健在です。少しオーバーサイズで着てみるのが今年風。アレクサンダー・ワン、ディースクエアード2、グッチなどをご覧ください。

5.オーバーサイズのショルダーフォルム
80年代を思わせる、幅広の肩のラインが今年の特徴です。まるで借り物のようなジャケットのライン。バレンシアガ、ジル・サンダー、セリーヌなどを参考にしてみてください。

6.ヴァラエティ豊かなストライプ
正統なストライプから素材感を生かした斬新なストライプまで、今年のストライプは多才です。ぜひ楽しんでみてください。参考にするのは、ポーツ1961、マルコ・デ・ヴィンチェンツォ、プロエンザ・スクーラー。

7.夏もブーツを楽しむ!
今年の夏はサンダルばかりはいてはいられません。コレクションには夏用のブーツが大量に登場。軽い素材にビタミンたっぷりといった感じのヴィヴィッドの色が特徴です。フェンディやルイ・ヴィトンを参考にしてみてください。

8.純白を楽しむ
新緑の季節に映える「白」。今年は「白」のトーンもさまざまです。純白から氷のようにクールな白、バター色から光沢のある白まで楽しめます。クロエやディオールを参考にしましょう。

9.スーツも崩して着る!
元来のクラシックなスーツは、今年は忘れるべし。大胆なチェックの柄や、オーバーサイズの崩した着こなしを楽しみましょう。セリーヌやアレクサンダー・マックイーンをお手本にしましょう。

10.高めのウエストにアクセントをつける
今年はウエストを高めに意識するのがお約束。洋服とベルトの色はコントラストをつけて、ウエストを強調してみましょう。背が低い人にも嬉しいモーダです。アレクサンダー・ワン、Tibiなどが参考になります。

次回、Part2に続きます。お楽しみに!!
<参考元>
http://www.iodonna.it/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…
  2. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…
  3. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  4. 神社の手水
    ―彼が、運命の人なのかな ―この人と、人生を分かち合いたい お付き合いする中で彼に運命を感じ…
  5. 今爆発的に人気の水素水。 その水素水ををお風呂で楽々吸収しましょう。 水素水の飲酒は腸からの…
  6. 喉越しさっぱりのところてん。 低カロリー食材として昔から有名ですが、この食材はダイエットにも効果が…
  7. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  8. ハンドクリーム
    体の末端のお手入れがきちんとできている女性は美しいと言いますが、皆さんの毛先、手先、足先は如何ですか…
  9. ムスリム
    今回はムスリム女性についてお話したいと思います。 まず、マレーシアの人口対比の説明から。 マ…
  10. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…

カテゴリー

ページ上部へ戻る