2017年 春夏のモードコレクション Part3

  • 2017/4/5

Part1、Part2とニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリで行われたコレクションから今年の春夏に「ワードローブに加えるべきアイテム」をご紹介して参りましたが、今回がPart3となり最終回となります。

22.巨大なポケット
ジャケットにもボトムにも大きめのポケットがついてポイントになっています。マルニのコレクションを見れば一目瞭然。

23. 薄手のコート
素材はナッパや光沢のあるものマットなものさまざま。都会風の洗練を感じさせる美しいコートたちです。ニナ・リッチやボッテガ・ヴェネタのコレクションは必見です。

24.フェンシング風ジャケット
大きめの柄のキルト素材で、フェンシングのユニフォームを思い起こさせるジャケットも今年の特徴です。着こなしは難しそうだけど、決闘のつもりで覚悟を決めて着用してみてください。ディオールを参考にどうぞ。

25.チュールを使った透明感
チュールを使用し、透明感のあるワンピースやツーピースが数多く登場した春夏コレクション。現代風のバレリーナを思い起こさせる素材感です。ヴァレンティノなどを参考にしてみましょう。

26.クロップトップで若々しく
春夏だからこそ楽しめるヘソ出しのクロップトップ、今年はコットンや革製の素材で登場しています。ボトムはスカートでもパンツでもOK.それぞれのブランドから、特長を生かしたクロップトップが登場しています。自分のテイストに合わせて挑戦してみましょう。

27.長めのイヤリング、片方だけで
今年の夏は、眺めのイヤリングが大流行の兆し。両耳に着用するとしつこくなる長さのため片耳だけでの着用が特徴です。

28.ラメがあちらこちらに
金や銀のラメの編み込みが、洋服やバッグのあちこちに施されているのが今年の特徴です。ゴールドなどのきらきら系が苦手な人も、ポイントに少しだけ入るだけならいけるかもしれません。

29.スポーティーな帽子
スポーツの世界からインスピレーションを得たと思われるフォルムの帽子が数多く登場したコレクションでした。日よけとファッションをかねて挑戦してみてはどうでしょう。

30.華やかな袖の数々
今年の春夏は、袖に特徴があるフォルムが多いようです。夜会服も、袖口が繊細なレースであったり、ふんわりと優しい素材を使ったものが多く、これまた女性たちにはたまらないディテールになっています。少しずつ取り入れて楽しんでみましょう。

計30のアイテムのご紹介となってしまい、かなりの量ですがそれだけコレクションの量も多く注目されているという事なんですね。
Part1~3までまとめてみましたがいかがだったでしょうか。少しでも皆さんの参考になればと思っております。
<参考元>
http://www.iodonna.it/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    カミソリで剃ったり抜いたりしても不満なのでエステ脱毛を考えました。 しかしインターネットを検索して…
  2. ハワイ ビーチ
    一年に数回ある連休。ゴールデンウィークに夏季休暇、シルバーウィークに年末年始・・・長期連休を利用して…
  3. 今大流行中のプラセンタ。 美しくなるための方法は何でも知っておきたい実行したい・・・それが女性とい…
  4. 御朱印帳
    “御朱印”という言葉、聞いたことありますか? パワースポット巡りが流行ったのとあわせて、“御朱印集…
  5. 玉子焼き
    “玉子焼き”、というとお弁当や朝ごはんの定番ですね。でも、忙しい朝、何度もひっくり返して焼き加減を見…
  6. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…
  7. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…
  8. サプリメント
    手軽に必要な栄養素を取り入れることができるサプリメント。興味はあるけど、何を飲んだら良いのかわからな…
  9. スピード感ある現代は、一日があっという間に過ぎてしましますね。 そんな時、食事をするために買物…
  10. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…

カテゴリー

ページ上部へ戻る