2017年 春夏のモードコレクション Part3

  • 2017/4/5

Part1、Part2とニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリで行われたコレクションから今年の春夏に「ワードローブに加えるべきアイテム」をご紹介して参りましたが、今回がPart3となり最終回となります。

22.巨大なポケット
ジャケットにもボトムにも大きめのポケットがついてポイントになっています。マルニのコレクションを見れば一目瞭然。

23. 薄手のコート
素材はナッパや光沢のあるものマットなものさまざま。都会風の洗練を感じさせる美しいコートたちです。ニナ・リッチやボッテガ・ヴェネタのコレクションは必見です。

24.フェンシング風ジャケット
大きめの柄のキルト素材で、フェンシングのユニフォームを思い起こさせるジャケットも今年の特徴です。着こなしは難しそうだけど、決闘のつもりで覚悟を決めて着用してみてください。ディオールを参考にどうぞ。

25.チュールを使った透明感
チュールを使用し、透明感のあるワンピースやツーピースが数多く登場した春夏コレクション。現代風のバレリーナを思い起こさせる素材感です。ヴァレンティノなどを参考にしてみましょう。

26.クロップトップで若々しく
春夏だからこそ楽しめるヘソ出しのクロップトップ、今年はコットンや革製の素材で登場しています。ボトムはスカートでもパンツでもOK.それぞれのブランドから、特長を生かしたクロップトップが登場しています。自分のテイストに合わせて挑戦してみましょう。

27.長めのイヤリング、片方だけで
今年の夏は、眺めのイヤリングが大流行の兆し。両耳に着用するとしつこくなる長さのため片耳だけでの着用が特徴です。

28.ラメがあちらこちらに
金や銀のラメの編み込みが、洋服やバッグのあちこちに施されているのが今年の特徴です。ゴールドなどのきらきら系が苦手な人も、ポイントに少しだけ入るだけならいけるかもしれません。

29.スポーティーな帽子
スポーツの世界からインスピレーションを得たと思われるフォルムの帽子が数多く登場したコレクションでした。日よけとファッションをかねて挑戦してみてはどうでしょう。

30.華やかな袖の数々
今年の春夏は、袖に特徴があるフォルムが多いようです。夜会服も、袖口が繊細なレースであったり、ふんわりと優しい素材を使ったものが多く、これまた女性たちにはたまらないディテールになっています。少しずつ取り入れて楽しんでみましょう。

計30のアイテムのご紹介となってしまい、かなりの量ですがそれだけコレクションの量も多く注目されているという事なんですね。
Part1~3までまとめてみましたがいかがだったでしょうか。少しでも皆さんの参考になればと思っております。
<参考元>
http://www.iodonna.it/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  2. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  3. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  4. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…
  5. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  6. どちらもコーヒーにミルクを、たっぷり入れて飲むものだと思うのだけど、 いまいち違いが分からない・・…
  7. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  8. おススメお土産
    皆さんは、旅行に行った時に、どんな思い出を残しますか?デジカメやビデオで思い出を残したりしますがおみ…
  9. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…
  10. スイートポテト
    サツマイモは栄養価もありおやつに向いていますよ。 甘くておいしい。おなかにも優しいので子どもにもい…

カテゴリー

ページ上部へ戻る