マレーシア移住生活 「具体的な生活と費用」

  • 2016/7/13
マレーシア

今回はマレーシアで暮らすのにどれぐらいの生活費がかかるのか具体的な例をあげて見ていきたいと思います。

ここでなんと、私の給料を話をします。
私は月にRM6600もらってます。決して多い金額ではありません。
しかし、マレーシアで暮らすのに十分な金額なのです。

私は、転職と共にさらに引越しをしました。
実は「マレーシアで暮らす」でお話をした綺麗な高級コンドから少々古いコンドミニアムへ引っ越しました。

現在は1つのユニットの部屋を1個だけ借りて生活しています。
その中でもマスタールームを借りました。マスタールームというと Bath roomが部屋に付いている大きい部屋をいいます。

まず、家賃がRM650、水道光熱費はハウスメイトとシェアしているので分けて払います。それで大体付きRM80になるでしょう。
次に食費。私はまだシングルで、自炊すると食べるものより捨てるものが多いので、お食事の8割は外食で済まします。また週末には同僚とちょっといいものを食べに行ったりするので多めに見てRM1000です。

次に備品代。トイレットペーパーやナプキン、シャンプーなどでRM50

次に通信費、インターネット費はハウスメイトとシェアーしているため月にRM40ほどで、携帯はプリペイドを使っているため、使い手次第。大体RM30位でしょうか。

では、遊興費。月にRM250程度でしょうか。

クアラルンプールで飲むならBukit Bintangのchangkatが有名です。飲み屋が沢山並んでる町です。私は飲み会が大好きですが、マレーシアはお酒が高いのです。ビールはRM20からで、カクテルは大体RM25~30ぐらい。

水タバコといわれるシシャも好きです。これはお店によりますが、RM15~40位でしょう。
マレーシアのクラブはRM50~100ぐらいで、そのほとんどが1ドリンク付きです。
クアラルンプールで一番熱いといわれるクラブは「Zouk Club KL」というところです。
ご参考までに。

会社の保険があるので医療費はゼロ。
次にお稽古費。私は4つのクラスに通ってます。水曜日―中国語、木曜日―英語、土曜日―水泳クラス、日曜日―ギタークラスに通ってます。
なので、一ヶ月RM700でしょうか。

まとめますと
家賃 650
水道光熱費 80
食費 1000
通信費 100
遊興費&交際費 500
備品代 50
お稽古費 700
交通費 200
被服費600
合計 RM 3880 

食べたいものを食べ、飲み、買い物をし、お稽古を4つしていても、この金額なのです。残りは貯金に回しますので、日本で暮らしたときよりも多く貯金が出来るのに生活の質は上がっています。これなので、私は韓国もしくは日本に戻れる気がしません。
ちなみに私は朝7時30分から仕事をし、4時半に終わります。
ですので、平日でも色々楽しめるわけです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  2. スイーツ
    ○ダイエット…でも食べたい! ストレスが溜まったときや疲れたときには甘いもの。でもダイエットもある…
  3. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…
  4. 特選お土産
    ゴールデンウィークは、観光や帰省で地方へ出かけることが多い時期です。休み明けに職場や学校でお土産を渡…
  5. 「水素」はお肌や体に良いとされており、爆発的ブームとなっているのはみなさんご存知とは思いますが・・・…
  6. ニキビ
    ニキビや吹き出物、一度できると気になって仕事に集中できなくなることもあります。なんだか一日、気分が暗…
  7. ○とろける食感はまさに夢心地! 皆さんアイスは好きですか? 今では1年中食べますが、やっぱり陽気…
  8. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…
  9. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…
  10. 特定の地域が抱える緊張  最近ニュースで「地政学リスク」という言葉を目にすることが増えました。特に…

カテゴリー

ページ上部へ戻る