ズル休みのススメ

  • 2015/5/28

普段から全力投球していない人、100%の力を出し切らずとも、上手く世の中を泳げている人は、そのままのスタイルで変わらない生活を送って下さい。
ズル休みをおすすめしたい人は、常に100%以上の力を注いでいる人に限定します。
このような人は、ストレスの溜まり具合も、きっと自分では把握できていません。その場になると、気が張ってしまって、全ての力を出し切ってしまうからです。「疲れ」を感じても、ストレスまでは感じないでしょう。おそらく、安心感や安堵感の方が感じやすいかもしれませんね。

でも、無理を続けていると、必ず、どこかに歪みが出来ます。こんな経験はありませんか?ホッとした時に、若しくは休日に突然吐き気や下痢をもよおすなどの体調不良です。病院に行っても、原因はなく、何年かに一度やってくる症状です。このような、経験がある人は、相当なストレスと疲労を抱えています。こんな状態では、仕事にはいけないでしょうから、3日ほど休む事になるでしょう。

もし、このような症状が出ている人は、「1~2ヶ月に1日だけズル休み」をしましょう。
これは、身体や心が悲鳴をあげていると思って下さい。これを、無理に引っ張ると、必ず、いつかは病気になります。

「もう、ごめんなさい。で、通らない年齢だから…」等と思わないで下さい。このズル休みは、あなたにとって仕事以上に大切な一日となるはずです。もしかしたら、仕事として休んでも良いかもしれません。

人は、自分が思うほど、タフではありません。身体と心は連動しています。精神が疲れていれば、身体に影響が出ますし、身体が疲れていれば、精神的なダメージが必ずあります。それを、理解していない人が殆どでしょう。身体は身体、精神は精神だと考えてしまいます。また、霊体もこの二つと連動しています。怒っていれば、オーラの色も赤になります。穏やかな時は、グリーンやオレンジ、クリーム色など、オーラの色は人それぞれですが、オーラも乱れることを覚えておいてください。

その時の体調や精神状態で、オーラが身体のどちらかに偏ってしまう時があります。オーラが見える人もそうでない人も、歩いていたり、立っている時に左右どちらかに倒れそうに(本当には倒れません。)引っ張られるような感じがある時は、オーラがどちらかに偏っています。

自分で出来るケアとしては、フェイスタオルで自分のオーラを想像し、頭から足の先までオーラが均等になるようになぞっていきましょう。実際に治ったかどうかは、見える人でないと判断ができないので、同じように立ってみて、どちらにも引っ張られる感じがしなければ、大丈夫です。
本当?と思う人もいるでしょう。騙されたと思ってやってみて下さい。心身のケアと同様に大切なケアの一つです。くれぐれも頑張り過ぎないこと、頑張ったら休む時間を作ること。オーラのケアをする事。この3つを守って生活していれば、少しは病気から遠ざかるかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  2. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  3. 口紅
    デパートのコスメ・ティックカウンターに新色のルージュが並びはじめると、それだけで季節のうつりかわりを…
  4. 京都の路面電車
    毎日の生活が忙しく、リラックスする時間を確保することができないあなた。 ゴールデンウィークの長期休…
  5. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…
  6. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  7. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  8. 秋田市上杉にある「秋田県立北欧の杜公園」は北欧を思わせる広く美しい自然の広がる公園です。緑いっぱいの…
  9. ホテルでランチ
    連休はレジャースポットに遊びに行くのもいいですが、ホテルやレストランで優雅なランチタイムを過ごすのも…
  10. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…

カテゴリー

ページ上部へ戻る