ズル休みのススメ

  • 2015/5/28

普段から全力投球していない人、100%の力を出し切らずとも、上手く世の中を泳げている人は、そのままのスタイルで変わらない生活を送って下さい。
ズル休みをおすすめしたい人は、常に100%以上の力を注いでいる人に限定します。
このような人は、ストレスの溜まり具合も、きっと自分では把握できていません。その場になると、気が張ってしまって、全ての力を出し切ってしまうからです。「疲れ」を感じても、ストレスまでは感じないでしょう。おそらく、安心感や安堵感の方が感じやすいかもしれませんね。

でも、無理を続けていると、必ず、どこかに歪みが出来ます。こんな経験はありませんか?ホッとした時に、若しくは休日に突然吐き気や下痢をもよおすなどの体調不良です。病院に行っても、原因はなく、何年かに一度やってくる症状です。このような、経験がある人は、相当なストレスと疲労を抱えています。こんな状態では、仕事にはいけないでしょうから、3日ほど休む事になるでしょう。

もし、このような症状が出ている人は、「1~2ヶ月に1日だけズル休み」をしましょう。
これは、身体や心が悲鳴をあげていると思って下さい。これを、無理に引っ張ると、必ず、いつかは病気になります。

「もう、ごめんなさい。で、通らない年齢だから…」等と思わないで下さい。このズル休みは、あなたにとって仕事以上に大切な一日となるはずです。もしかしたら、仕事として休んでも良いかもしれません。

人は、自分が思うほど、タフではありません。身体と心は連動しています。精神が疲れていれば、身体に影響が出ますし、身体が疲れていれば、精神的なダメージが必ずあります。それを、理解していない人が殆どでしょう。身体は身体、精神は精神だと考えてしまいます。また、霊体もこの二つと連動しています。怒っていれば、オーラの色も赤になります。穏やかな時は、グリーンやオレンジ、クリーム色など、オーラの色は人それぞれですが、オーラも乱れることを覚えておいてください。

その時の体調や精神状態で、オーラが身体のどちらかに偏ってしまう時があります。オーラが見える人もそうでない人も、歩いていたり、立っている時に左右どちらかに倒れそうに(本当には倒れません。)引っ張られるような感じがある時は、オーラがどちらかに偏っています。

自分で出来るケアとしては、フェイスタオルで自分のオーラを想像し、頭から足の先までオーラが均等になるようになぞっていきましょう。実際に治ったかどうかは、見える人でないと判断ができないので、同じように立ってみて、どちらにも引っ張られる感じがしなければ、大丈夫です。
本当?と思う人もいるでしょう。騙されたと思ってやってみて下さい。心身のケアと同様に大切なケアの一つです。くれぐれも頑張り過ぎないこと、頑張ったら休む時間を作ること。オーラのケアをする事。この3つを守って生活していれば、少しは病気から遠ざかるかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  2. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  3. 歯磨き
    自分を上手にマネージメントすることは(心も身体も)円滑な毎日に必須です。 落ち込んだら元気を取…
  4. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  5. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  6. 秋田市上杉にある「秋田県立北欧の杜公園」は北欧を思わせる広く美しい自然の広がる公園です。緑いっぱいの…
  7. 連休は青春18きっぷでゆったり鉄道旅なんていかがでしょう?青春18きっぷは学生の貧乏旅行の味方、とい…
  8. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  9. カフェしながら読書
    休みの日はのんびりと、本を片手にカフェで時間を過ごす…すごく素敵な時間ですよね。 でも、通常の…
  10. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …

カテゴリー

ページ上部へ戻る