ストレスは鬱の元

  • 2015/5/28
悩み・ストレス

学生でも社会人でも、多少のストレスは持っているもの。少しのストレスは持っていても良いとの見解もあります。しかし、過剰なストレスは、色んな病気を生み出す根源となります。
代表的なものとして、「鬱(うつ)」を取り上げてみます。

20年前ならば、精神科や心療内科に通っているとは、人には知られたくないものでした。今でも、その風潮は残っていますが、以前ほどではありません。そして、精神科・心療内科の病院やクリニックが増えていることを知っていますか?それだけ、患者が増えたという事です。

社会の機能は複雑になり、医療・工業・物流・通信などあらゆる分野で、ここ数年飛躍的な発展があります。パソコン一つにしても、使える人と使えない人がいますね。社会は物凄い速さで色んなことを進歩させています。その恩恵に預かり、私たちの生活はとても便利になってきています。ですから、一概に進歩が悪いと言っている訳ではない事を理解して下さい。

その一方で、何故、精神科や心療内科が増えているのか?人もまた学習し、進化する生き物ですが、今の社会のスピードに着いていける程、速い進化は出来ないものです。また、人間関係も複雑化しています。不況の煽りを受けて、サービス残業も当たり前の時代。まして、20代・30代と言えば、働き盛りのバリバリのサラリーマン・サラリーウーマンになっているはずです。中には、役職に就いている人もいるでしょう。

上司と部下に挟まれ、ストレスが溜まる人もいれば、人間関係で悩みストレスを抱え込む人もいます。ケースは、人それぞれでしょう。「これだ!!」というものが判れば良いのですが、人間の生活はそんなに単純ではありません。

そこで、「気力がない」「ボーッとしてしまう」「倦怠感」「気分が落ち込む」といった症状が、いつの間にか出てきます。人は感情を持った生き物ですから、日々浮き沈みはあると思います。今日は気分が乗らないな…とかは、普通の感覚として誰もが持ち合わせています。しかし、先程の症状が数日間続いたら危険信号です。

CMでもありましたね「うつは風邪のようなもの」と。それだけ、鬱にかかっている人が多くなったということです。「うつ」は恥ずかしい病気ではありません。生真面目・几帳面・責任感が強い等の性格の人に多いと言われています。要は、頑張りすぎてしまって、体が心が悲鳴をあげている状態だと思ってください。本人は余り気づきません。何故なら、身体症状がないからです。

もし、あなたの近くに最近「おかしいな」と思う人がいたら、どうか声を掛けてあげて下さい。
早期治療で、「うつ」は治ります
もう一度、言っておきます。「うつ」は恥ずかしい病気ではありません。車で例えるなら、オーバーヒートした状態です。ガス欠の状態です。
くれぐれも、放置しないように、家族や同僚、友人が気付いてあげて下さい。
そして、あなた自身も気をつけて下さい。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  2. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  3. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  4. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…
  5. 富士急ハイランドは、山梨県富士吉田にある遊園地です。絶叫系アトラクションが多いですが、子ども向けのア…
  6. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  7. 花占いをするカップル
    様々な環境、それぞれの人生、多様な価値観、広がる希望、狭くなる関係・・・ 占いの世界から見える物語…
  8. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  9. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  10. メイク用品
    この時期はメイク用品にも新たな彩りが加わる季節ですね。 可憐なピンクや夏を先取りしたような鮮やかな…

カテゴリー

ページ上部へ戻る