目の下のクマは、美容クリニックで治療できる

  • 2015/7/23

寝不足や目が疲れている時には、目の下にクマができてしまいますよね。でも、シッカリ睡眠をとっているのに、いつも目の下に影のようにクマができる人もいます。その人の印象は目元できまるものです。クマがあると、見た目年齢がぐっと上に見られますし、いつも疲れている人という印象をあたえてしまいがち。そんな、慢性的なクマで悩んでいる人は、もちろん生活習慣を見直す必要があるでしょう。でも、それでも改善できない時は、美容クリニックで相談してみるという方法もあります。

【目の下のクマの種類】
目の下にできるクマには、その原因によって種類があります。
・茶クマ・・・メラニン色素が沈着して、皮膚が茶色くなってしまったクマです。そのため、茶クマの改善には、たまってしまったメラニンを体外に排出することを助け、なおかつ新たにメラニンを生成することを抑制することが必要です。
・黒クマ・・・加齢や遺伝などが原因で、目の下にくぼみやたるみができ、そこに影ができてクマになっています。このタイプのクマ治療には、くぼんでいる目の下に適度のボリュームを作ることが必要です。
・青クマ・・・目の下の皮膚は他の部分よりも薄くなっていて、多くの毛細血管が集まっています。この部分の血流が悪くなると静脈の血管が透けて見え、青黒いクマになります。寝不足や疲れ、ストレスによって起こるクマは、このタイプです。

【目の下のクマ治療法】
美容クリニック等で行っているクマの治療方法はいろいろありますが、大きく分けると次の3つに分けられます。
1.目の下の脂肪除去治療
目の下についてしまった脂肪を取り除く方法です。ほとんどの場合、レーザーメスを用いて行うので、出血や傷跡がありません。手術も短時間で終わるので、体への負担も軽いです。
2.ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸はもともと肌にあって、肌の弾力を作るには欠かせない成分です。これを注射器で挿入することにより、肌のハリをよみがえらせ、クマを改善する方法です。ヒアルロン酸は私たちの体内に存在する成分ですから、副作用を起こすことはほとんどありません。
3.色素沈着治療
シミなどの治療と同様で、レーザーなどを照射し、メラニン色素を除去する方法です。メスを使わないので手術の跡が残りません。レーザーの熱は表皮層を通り抜け真皮層のメラニンに直接働きかけます。できてしまった目の下のクマを取り除くのと同時に、メラニンの過剰産生を抑制することもできます。

【気になる人はまず相談してみては】
美容クリニックで行われる治療法には、このほかにもさまざまな方法があります。自分の悩みにどの手術があっているのか、まずは気軽に相談してみましょう。同時に、バランスの良い食事と睡眠をしっかりとり、肌のターンオーバー機能をアップさせることも重要です。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. サンダル
    さあ!サンダルの季節ですねー! 履きたいブランドがいっぱいです。毎年、そのときの気分やお気に入りの…
  2. 前回に引き続き、お酒について調べてみよう! ということで、今回はその洋酒編です。 洋酒はかなり種類…
  3. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  4. プチ断食で健康的な女性
    「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案す…
  5. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  6. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  7. 「ダイエットはしたい」「スイーツはカロリーが高い」「自分で作れば低カロリー」「でも時間をかけてまで作…
  8. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  9. 星座
    人間は生まれた星座によって生まれ持った性質や行動パターンが備わっています。 それは生きていく中で形…
  10. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る