流行を追わないことが流行!?

  • 2015/8/3

2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。
英語ではeffortless
effortは「努力すること」。lessは「~ない」を意味する接尾辞。
エフォートレスとはつまり「努力がいらない」ということで、頑張らないというくらいの意味ですね。

 
この頃よく使われるファッション用語に、抜け感とか、こなれ感というのがありますが、それと似たようなニュアンスでしょうか。
抜け感とはオシャレになり過ぎない感じのことで、こなれ感というのはいかにも着なれたさりげなさを出すことです。

その他にもノームコアという言葉も耳にします。
これも似たようなファッション用語で、「究極の普通」という意味です。ベーシックなものをベーシックに着る。そういうスタイルです。

これらのキーワードを見ていて思ったことは、オシャレをするためにオシャレを否定しているということです。

頑張りすぎたり、決まりすぎたりしていると、かえってカッコ悪いから、ちょっと着崩して、さり気なく、でもやっぱりオシャレにする。
それが昨今のファッションの流れのようです。

頑張らずに自分なりに流行を取り入れていくというスタイルは、ファッションの理想だと思います。あんまり流行を追いかけすぎると、洋服代がどんどんかさんでいくし、何よりも自分を見失ってしまいますからね。
自分らしいベーシックなスタイルを見つけて、そこに流行のアイテムを加えて、自分らしさとオシャレ感を両立させる。
それってかなりのオシャレ上級者ですよね。

自分を持っている人だからこそ、できるスタイルです。

ベーシックなスタイルが流行って、みんながベーシックなものしか着なくなると、他の人と差をつけるのがどんどん難しくなっていくと思いますが、それ以上にスタイルを提案する側はより苦しくなっていくのではないでしょうか。

アパレル会社は、売れないものを作ってしまえば、在庫の山を抱えるだけです。
だからといって、どのメーカーも売れるもの(=ベーシックなもの)ばかり作れば、価格競争が激しくなり、消耗戦を繰り広げることになります。

実際、このところのセレクトショップ系の売上は厳しいと聞きます。
ベーシックなものはユニクロで買えば間に合いますから、わざわざユナイテッドアローズあたりで高い値段で買う必要はないわけです。

ルミネなどに行って、セレクトショップ系のお店をまわってみると、どこも同じような商品ばかり並んでいるな、と感じることが多くなりました。

在庫リスクを怖がっているのか、ベーシックに対抗しきれないのか、その理由はよくわかりませんが、ファッション業界は苦しい峠に差し掛かっているようです。

エフォートレスの流行は、オシャレ疲れしなさそうでよいと思うのですが、セレクトショップには流行のキーワードなんか吹き飛ばすような個性的なスタイルを頑張って提案してほしいですね。

 
そうじゃないと、わざわざお店まで買い物に行く楽しみがなくなってしまいますからね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  2. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  3. 書道
    “美文字”という言葉は、もはや定着してきたこの頃ですが、なかなかきれいな文字って書けないものです。 …
  4. インドアさんの過ごし方
    毎年の長期連休は、ゴールデンウィークがあげられますが、みんながアウトドア派かというと否ですし、お金が…
  5. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  6. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…
  7. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  8. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  9. あじき路地の写真
    『あじき路地』をご存知でしょうか? 京都のメインストリートの一つ、四条通を東へ、鴨川を越え、大…
  10. 横浜
    住みたい街ランキング上位に毎年、君臨する横浜。 街のいたる場所に海外との歴史の深さを感じさせる日本…

カテゴリー

ページ上部へ戻る