おとなの女性のための「靴」のお手入れ術

  • 2016/3/10

ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。 
けれど、おとなの女性なら、上質な「パンプス」や、「ベーシック」なブーツも必要になることでしょう。
そんな質の良い靴を一度購えば、きちんと、お手入れして大切にしたいものですね。というわけで、今回は、革靴との上手なつきあい方をお教えします。

まず、革の靴を長く履くために、一番大切なのは、湿気させないということです。「そんな初歩的なことはわかっている」と思われるかもしれません。たしかに、あえて、雨の日に新しい革靴をおろしている、という強者はほとんどいないでしょう。
 けれども、一日中歩いた靴を、翌日にまた履くのは、めずらしいことではありません。人間も八時間ほど働くと、充分に睡眠をとり、休養しないと、次の日も、クオリティーの高い仕事をするのは難しいですよね。同じように「牛革」や、「羊革」「山羊革」など、いろいろとありますが、どれをとっても少し前まで、「生きて」いた動物たちですから。

というわけで、はじめは、値がはりますが、二足そろえて適度に休ませながら、履くほうが、長い目で見たときにお得ですよ。
そして、外から帰ってきたときには、靴全体に、ざっと、ブラシをかけてください。もしも、雨に当たってしまったときには、まるめた新聞紙を、靴の中に入れておくと回復が早いです。毎日のお手入れは、大雑把に短い時間でかまいません。

次に、念入りな靴の磨き方を紹介します。

1、いらないガーゼか、やわらかい布で、簡単に表面の汚れを拭い取ります。
2、次に、ごく、少量の靴クリームをすりこみます。
3、ふたたび、布で拭き取るか、ブラシをかけてください。

 たった、これだけですが、表面に艶が出てくるのがわかりますよ。よく履く靴なら、週に一度ほど。あまり、出番がなければ、シーズンのはじめと終わりに行うくらいが、ちょうど良いペースではないでしょうか。質の高い革製品ならば、新品のときよりも、むしろ磨きこんで適度な「味」と「貫禄」が出てきたころが「旬」だとおもいます。
  
 熟練した職人が、一つひとつ手作業で作り出した「靴」や、「かばん」は、日々のお手入れや、簡単な修理を続けるだけで、一生のパートナーとして添え遂げることも、決して夢物語ではありません。手間と時間をかけて、自分だけの「シンデレラ・シューズ」をさがしだして、大切に育てていきたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  2. サングラスをかけている犬
    UVは「紫外線」 カットは「絶つ」 “UVカット”とは⇒紫外線を遮断し体に届かないようにするとい…
  3. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  4. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …
  5. ムスリム
    今回はムスリム女性についてお話したいと思います。 まず、マレーシアの人口対比の説明から。 マ…
  6. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  7. 洗濯物
    全編はこちらhttp://ca-y-est.com/?p=5840 5)ピンハンガー類を、その…
  8. 熊本県阿蘇では、雄大な自然に触れられるアミューズメントを満喫できます。新緑の美しい季節、動物達と触れ…
  9. 最近、話題の甘味料ですね。 シロップ・スイーツ・たれ・ヨーグルトなど、希少糖入り商品は続々と発売さ…
  10. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る