「絶対欲しくなる!シューズブランド5選 *パンプス編」

  • 2016/11/2

皆さん、パンプスは女性の定番アイテムですよね!だからこそ、こだわって買いたい!!
女性らしいシルエットをテーマに、1足は持っていたいパンプスをご紹介します!パンプスが好きな人も普段履かない人も是非ご参考に♪

Sergio Rossi (セルジオ ロッシ)

ピンヒールが特徴ですよね。この細いシルエットも一度見れば忘れない。
デイリーに履く、というよりはオケージョンに合わせて大切に使いたい。
ロッシのシューズは職人技が光るものが多く、パッと見では分からない、一枚革を丹念にくり抜いてデザイン性のあるレザーサンダルを作ったり、素材にもこだわっているのでファンも多い。
ロッシのパンプスが好きな人は、息子のブランド、Gianvito Rossi(ジャンビト ロッシ)も気に入ると思います!
パンプス
画像出典:http://www.sergiorossi.com/jp/

Jimmy Choo (ジミー チュウ)

ジミーチュウはバッグも好きな人が多いと思います。
シューズもキレイなシルエットが多く、カラーも美しいです。最近はアウトレットにも展開していて、馴染み深くなりました。セレブも愛用者の多いブランドです。
型押しデザインなどはジミーチュウのフォルムとマッチしていて、ショップで見るとつい手に取って履きたくなります♪

GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN (ジュゼッペ ザノッティ デザイン)

ジュゼッペは好きな人も多いですよねー!良いお値段しますが、「パンプスは何足も持っている!」というほどのファンもいるはず!
足幅狭めです。ジュゼッペらしい、とってもきれいなシルエットです。
フラットシューズもオススメです。パンプスとサイズ感が異なるので、フラット初挑戦の人は試着したほうがいいですよ~!足幅はパンプスと比べて少し広く感じると思います。
パンプス
画像出典:http://www.giuseppezanottidesign.com/wo

CORSO ROMA 9 (コルソローマ)

コルソは働く女性の定番!営業さんの外回りにも適する、ビジネス向きなパンプスです。
足に沿うようなシルエットがキレイに見えるポイント!色違いで持っている人もきっといるはず!
シーンを選ばず、気軽に履けるパンプスが多いので1足あると安心です。デザインはとてもシンプルでスタンダードなので、是非履いてみてほしいです。

salon (サロン)

日本人のブランド。シューズやバッグ、小物を展開しています。
サロンのシューズはヒールが太めのものが多いので、歩きやすい!
「○○すぎない」デザインとでもいうのでしょうか?例えば、シンプルすぎない、甘すぎない、ヒールが高すぎない…。そう、「ほどよい」デザインなんです!
いつもと少し違うパンプスが履きたい人にオススメのブランドです。

以上、おすすめシューズブランドのパンプス編でした!
見るだけで楽しいシューズブランドです。履く楽しさも是非味わってもらいたいです。見て、触って、履くと欲しくなっちゃいますよ~!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. おススメお土産
    皆さんは、旅行に行った時に、どんな思い出を残しますか?デジカメやビデオで思い出を残したりしますがおみ…
  2. サプリメント
    手軽に必要な栄養素を取り入れることができるサプリメント。興味はあるけど、何を飲んだら良いのかわからな…
  3. ダイエットといえば、まず最初に思いつくのは、食事を制限する方法だけど、この方法だけでは、筋肉が鍛えら…
  4. 夏のしい外線対策はばっちり!と思っていて見逃しているのがリップケアではないでしょうか? 2年くらい…
  5. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…
  6. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  7. オリビアって大人のかわいさを持っていますよね!甘い雰囲気なのにクールでかっこいい。 それは彼女のワ…
  8. 最果て
    グローバル化がすすむ中で日本人に求められていることはなにか? といった議論はあちこちで耳にします。…
  9. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  10. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…

カテゴリー

ページ上部へ戻る