じつは、不眠症の強い味方 珈琲を飲もう

  • 2015/9/29

寝つきが悪い。眠りが浅く、昼になっても妙な倦怠感があって仕方ない。最近、若い女性の間でも「不眠症」に悩むケースが急増しています。
 ところが、ちょっとモノ知りの方なら「不眠」と言っても、まったく眠っていないわけではなく、「寝られない夢」をずっと見ているだけで、実際は、きちんと生命を維持するために、必要なだけの睡眠をとっているから大丈夫。そんなふうに軽く考えて、受け流しているのかもしれません。
 けれども、基準は「どれだけ眠っているか」ではなく、「満足できるだけの眠りがとれているかどうか」ではないでしょうか。
 つまり、睡眠時間が短くても元気な方もいれば、たくさん眠っていても、寝不足だと感じている場合もあるのです。
 そして、なぜか、不眠症気味の皆さんに共通しているのは、「真面目」なこと。「珈琲は飲まない」「できるだけ、寝る前に携帯電話を見ないようにする」「シャワーではなく、必ず湯船につかる」など、口をそろえて、深刻な口調で答えます。
 とくに、「カフェイン」をふくむ「珈琲」を、親の敵さながらに遠ざけている女性が多いのは、とても残念。
 というのも、カフェインは興奮作用がある反面、神経をリラックスさせてくれる、効果も高いのですから。
 むしろ、筋肉トレーニングをした後や、体に熱がこもって寝つきが悪くなっているときには、積極的に摂りたいものです。性格が几帳面な方ほど、慣れるまでは、カフェインを摂取してしまったという罪悪感にさいなまされるかもしれません。
 しかし、ためしに珈琲の香りを思い出すと、とても満たされた気持ちになりませんか。

 ここで、おすすめは、少量の「黒砂糖とミルクを入れた珈琲」です。黒砂糖ならではの、わずかな渋みと甘さが感じられ、ほっとした気持ちになりました。日々、はりつめた神経が楽になり、筋肉の緊張が解けるようで嬉しいですね。

 そして、寝る前だけでなく、寝起きにも「珈琲」は相性が良いのです。夕べの眠りが浅いと、どうしても、頭がぼんやりとしたり、軽い吐き気がしたりして、仕事に集中できません。そんなときには、「豆乳と卵黄をくわえた珈琲」をおためしください。珈琲とほぼ同量の豆乳に、卵黄を垂らした珈琲は、ちょっと不思議な感覚ですが、わずか一杯いただくだけで、体が「日中モード」に切り替わりますよ。

 逆説的な考えですが、「ねむり」の悩みを抱えるすべての方にとって「珈琲」は、心強い味方になるかもしれませんよ。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  2. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  3. カフェしながら読書
    休みの日はのんびりと、本を片手にカフェで時間を過ごす…すごく素敵な時間ですよね。 でも、通常の…
  4. 糖質という言葉よく耳にしますよね。 糖質制限ダイエットと言うけれど、そもそも糖質っていったいなんで…
  5. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  6. 一人暮らしや主婦の方が意外と悩むのが、料理の基本。 特に一人暮らしの方などは、今までは家族が料理し…
  7. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  8. 特にこれから結婚などで新居にお住いを考え中の女性は、「幸せになりたい」と思う方が自然でしょう。ですか…
  9. メイク用品
    この時期はメイク用品にも新たな彩りが加わる季節ですね。 可憐なピンクや夏を先取りしたような鮮やかな…
  10. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る