女性3人に1人が悩んでいる 3タイプ別 クマ改善方法

  • 2016/7/20

目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。
今回は、女性の3人に1人が悩んでいると言われている目の下のクマ改善方法をご紹介します。

目の下にクマが出来る原因

ついつい夜更かししてしまい、次の日に目の下にクマが出来てしまっている・・・・そんな悲惨な体験は大人になると多いですよね。目の下のクマで悩んでいる女性はなんと3人に1人とかなり多いです。目のクマの原因として挙げられるのは、睡眠不足、疲労、体調による血行不良、眼精疲労や、ドライアイなど様々です。そして、目の下にだけクマが出来てしまう理由は、目のまわりや瞼がまわりの皮膚に比べて非常に薄いからです。薄いため、皮膚の下の血管の色まで見えてしまうのです。そして、特に薄いのが目の下の皮膚で、0,6ミリと非常に薄く卵の薄皮程度しかないため、なんらかの原因で血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、目の下が黒ずんで見えてしまうのです。それが、クマなのです。

目のクマの種類

  • 血行不良
  • 冷え性
  • 肌が白い
  • パソコンなどで目を酷使している
  • 睡眠不足
  • ストレスが溜まっている

青クマ解決策

ホットタオルなどで目を温め血行をよくしましょう。今は市販で売られている目元を温めるシートも売られているのでそちらもおすすめです。

茶色のクマ=色素沈着

  • アイメイクがきちんと落としきれていない
  • よく目をこする
  • 肌がくすんでいる
  • 紫外線対策をしていない
  • ストレスが溜まっている

茶色クマ解決策

茶色のクマは色素沈着が原因です。新陳代謝の乱れでメラニン色素が増加してしまっているのかもしれません。色素沈着には大きくわけて二つあります。一つは、紫外線やストレスの影響です。長時間、紫外線を浴びたり、ストレスにさらされると、ターンオーバーが乱れてしまって、古いメラニン色素が残ったままになってしまうのです。こうしてどんどん蓄積されていくと色素沈着となります。もう一つは摩擦による肌への刺激です。肌は刺激に弱いので目を何度もかいてしまったり、アイメイクをとる際に強く擦るなどの刺激も色素沈着の原因になってしまいます。

脂肪のたるみのクマ

  • クマが形になって目の下が黒い
  • 目の下の皮膚やまわりがたるんでいる
  • 目の下のふくらみ(目袋)が目立つ

脂肪のたるみのクマケア

一般的にはクマとは呼ばれません。目の下の脂肪が浮き出ることによって、影となりクマのように見える状態です。なので目の下のたるみをとる簡単なエクササイズを行いましょう。

  1. 上のまぶたが動かないように軽く手でおさえます
  2. 下のまぶただけで目を閉じウィンク動作を5秒かけて行います

これを左右10セット行うだけです!!

自分のクマに合った改善方法は見つかりましたか?
普段何気なく行っていたことがクマの原因
になっていたりもしますので気をつけましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…
  2. 一度は海外旅行、たとえば英語圏の国へ行って帰ってくると、「今度は英会話をもっと勉強してから行きたい」…
  3. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  4. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  5. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  6. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  7. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…
  8. 最近、肌の回復が遅い、高価なものを使っているのになかなか肌が 元気になってくれない・・・なんて思っ…
  9. どちらもコーヒーにミルクを、たっぷり入れて飲むものだと思うのだけど、 いまいち違いが分からない・・…
  10. 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?寒かった冬があけ、春に突入した今日この頃。「やっと憎き乾燥ともおさ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る