フレンチ雑貨を求めて:プティ・タ・プティ探訪記

  • 2016/6/24

京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。
建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けばフレンチの香りが感じられます。
中に一歩入れば、「パリの屋根裏部屋をイメージした」という空間が待っていました。

「なんとなくフランスってこういう感じなのかな?」という気持ちを味わえる、おしゃれでスタイリッシュな空気が流れている場所。
ここは、イメージプロセッシングの奥田正広さんと、ナカムラユキさんというイラストレーターが手掛けるお店です。

いくつかのテキスタイルから生み出される作品たちは、スタイリッシュなんだけど、どこかやさしい、素敵なものばかりです。

 

【店名の由来】

プティ・タ・プティはフランスのことわざです。
鳥が、一枝ひとえだ丁寧に巣作りをするように、丁寧にゆっくりと、一つひとつ」という意味です。
置かれているものたちは、まさしくその言葉通り、一つひとつに愛情がたっぷりと詰まったものばかりです。

 

【作品たち】

山や葉っぱをモチーフにしたテキスタイルから生み出される、クッション、テーブルウェア。
ほかにもハンカチ、ストール、ポーチなどの服飾雑貨も作られています。
そして、注目すべきは、がま口・草履・傘・帯留めなどの着物小物まで生み出されていること。
それがとてもナチュラルに、「デザイン」が「物」にしっくりはまっているのです。
モダンなんだけど、いやらしくない、
まさに京都×パリの融合!

 

【作品の特徴】

よく見るとそのテキスタイルに使われている模様は、数種類の紙の断片たちからできています。

年代も、国籍もばらばらの紙の欠片たち。
それが組み合されて、一つの模様に変わる…

「“何もない空白=間”に“予感”や“美しさ”を感じるのは、古来より日本特有の美意識。
“間”を生かし、曖昧な色の重なり、透明感を大切にしたテキスタイルは、眺めるほどに発見があります。
(引用:https://petit-a-petit.stores.jp/#!/about)」
と仰るように、一つひとつがそれぞれの個性を持っています。

人と同じように、置かれている作品にも、同じものは一つもありません。
だからこそ、「自分のお気に入り」を見つけるチャンスがあります。

長く、ながく愛着を持てるものを、見つけに行ってみませんか?

141719
(出典:http://jp.pinterest.com/pin/17170042303240902/)

 

【infomation】

+ 所在地〒604-0992 京都市中京区寺町通夷川上ル藤木町32
連絡先:tel&fax 075-746-5921
+ 営業時間:11:00~18:00 
+ 定休日:木曜日

+ アクセス:地下鉄東西線・京都市役所前駅下車徒歩6分ほど
+ 参考URL:http://petit-a-petit.jp/
+ Web:store:https://petit-a-petit.stores.jp/#!/

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. あじき路地の写真
    『あじき路地』をご存知でしょうか? 京都のメインストリートの一つ、四条通を東へ、鴨川を越え、大…
  2. 今や100円均一というと、なんでも揃ううえに100円とは思えない品質の高さに驚かされますよね。 ネ…
  3. 結婚の
    結婚適齢期を迎え、そろそろ結婚して子供がほしいな~なんて思っても相手がいないとそういうわけにもいきま…
  4. 気候が暑くなってくると、セクシーな服も着たくなりますよね。でもいざミニスカートを穿いて、自分の足のシ…
  5. 玉子焼き
    “玉子焼き”、というとお弁当や朝ごはんの定番ですね。でも、忙しい朝、何度もひっくり返して焼き加減を見…
  6. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  7. 香水
    いい香りは自分の気持ちを幸福にさせ周囲の人をも魅了する力があります。 香水の世界を楽しみましょう!…
  8. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  9. 同棲
    お付き合いをしていて、お互いが毎日一緒にいたいと感じるほど想い合っていて将来結婚出来たらいいねーなん…
  10. コーヒー
    女の子って、カフェ好きですよね。 何を隠そう、私もカフェが好きで一人で入り浸ることもあります。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る