GWは夫と断捨離!喧嘩せずに夫にモノを捨てさせる方法

  • 2015/4/16
夫婦で断捨離

まとまった時間があれば断捨離をしたいと考えている人にとって、ゴールデンウィークは絶好のチャンス!できれば、自分だけが片付けをするのではなく、パートナーである夫にも協力してほしいものです。今回は、断捨離を夫とスムーズに進め、喧嘩をせずに夫にも物を捨ててもらう方法を提案したいと思います。

1.物を捨てるのが苦手な夫には
もし夫が妻以上に躊躇なくモノを捨てられるタイプなら、断捨離はそれほど苦難の道のりにはならないでしょう。むしろ、妻の方が「それまで捨てるの?」と、夫にストップをかける場合すらあるかもしれませんね。問題は、「捨てられない夫」です。

2.まずは自分が断捨離!
頭ごなしに「片付けて」と言っても、片付けが苦手な人には小言にしか聞こえません。スルーされるか喧嘩になるかのどちらかでしょう。断捨離の際の、夫との不毛な喧嘩のパターンの一つは、「お前も使っていないバッグや靴をたくさん持っているじゃないか?去年買った圧力鍋、今年になって全然お目見えしてないぞ」というような夫からの反撃です。相手に望むのならまずは自分からお手本を示しましょう。女性が片付けやすいのはキッチンです。というのもキッチンは優先順位が比較的はっきりしているから。夫が抱え込む漫画やゲームの山を処分してほしいのなら、自分も抱え込んでいる食器類を処分しましょう。

3.断捨離のコツ
断捨離の作業は以下のとおりです。
1.物を全部出す。
2.種類別に分類する。
3.必要なものと不要な物を選別。
4.不要な物を処分して必要な物をしかるべき場所に置く。
言ってみれば、これだけの作業なのです。いきなりキッチン全体に手をつけるのは大変そうなら、まずは食器だけとか、調理道具だけなど、グループごとに手を付けてもいいでしょう。作業の手順は同じです。

4.夫に協力を得る前段階

夫に断捨離を協力してほしいのなら、まずキッチンの断捨離を夫に協力してもらいましょう。一番のキモは、夫に片付けの手順を見せつけることです。物をすべて出し、分類し、必要不要を区別すれば物は片付くと言うことを頭と心と体に刻みこんでもらいましょう。それから、自分の物を捨てられることにはおそろしく抵抗する夫も、比較的自分に関係のないキッチングッズには、「これ、使ってないからもう捨ててもいいんじゃない」などとのんきなコメントを発するかもしれません。人は自分に関係ない物については気軽に「捨てたら」などと言えるものです。のちに夫に協力してほしいなら、できるだけ夫の意見を受け入れることが大切です。

5.夫の物も断捨離!
キッチンで夫に片付けの過程を実感してもらったら、次は夫のモノの処分に手をつけましょう。ここでもまたいきなりすべてに手をつけるよりは、ひとつの区画から手を付ける方が成功率が高いでしょう。まずは、漫画だけ、洋服だけ、などとグループをしぼるのです。ここでも手順は同じです。

さいごに
まとまった時間がとれるゴールデンウィークに夫と断捨離を進める方法をご紹介しました。家族と断捨離をする場合、「捨てる捨てない」で喧嘩が始まるものです。夫にも断捨離の過程を頭にたたきこんでもらって、まとまった時間のないときにも自動的に片付けてもらえるようになってもらえるといいですよね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 付き合い始めの頃の彼はとってもかっこよくてオシャレだったのに今はデートも自宅かスウェットで近所を歩く…
  2. 手をつなぐ男女
    大好きな人としたはずの結婚。最初は少しでも一緒にいたいと思ったはずの相手のことが、気づけば少しでも家…
  3. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  4. ニキビ
    ニキビや吹き出物、一度できると気になって仕事に集中できなくなることもあります。なんだか一日、気分が暗…
  5. 目の下にクマが出来てしまうと疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまいます。 今回は、女性の3人に…
  6. 御朱印帳
    “御朱印”という言葉、聞いたことありますか? パワースポット巡りが流行ったのとあわせて、“御朱印集…
  7. ワンランク上のバーベキュー
    寒い冬が終わればアウトドアシーズンの到来です。春先の4月末から夏場の8月末にかけてはやっぱりバーベキ…
  8. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  9. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…
  10. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る