ゴールデンウィークに行きたい、人気のアジアンビーチ

  • 2015/4/22

ゴールデンウィークは1年で最も旅行費用が高くなる時期のひとつです。そんな時、お手頃価格で気軽に行けるアジアは大人気スポット。日本から比較的近く、時差も少ないし、食事も日本人の口に合います。アジアンリゾートなら、日本語が通じる観光地も多く、安心です。それになんといっても美しいビーチ! そんな魅力たっぷりのアジアンビーチ、勝手にランキングしてみました。

Bluew wave

1.バリ島(インドネシア)
やっぱり根強い人気のバリ島。日本から飛行機で7時間、リピーターも多いアジアンリゾートです。ホテルやスパなどのレベルの高さとコストパフォーマンスが人気の理由。しかも4月から10月はバリ島の乾季にあたりますので、ゴールデンウィークの旅行にぴったり。ビーチに飽きたら、スパやショッピングも楽しめます。アジアンチックな素敵なインテリアが見つかるかも?バリ舞踊などの文化を楽しむのもアリです。

Phi-Phi island, Krabi Province, Thailand.

2.プーケット(タイ)
日本からプーケットまでの直行便ならたったの6時間半から7時間。世界中の旅行者に人気のリゾートで、タイを訪れる日本人の6割はリピータなのだとか。もちろんショッピングやタイ式マッサージも人気の理由の一つです。それになんといっても、安くておいしいタイ料理! ほほえみの国タイを一度訪れれば、また行きたくなることまちがいなしです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3.セブ島(フィリピン)
大小7000を超える島からなるフィリピンの中央に位置するセブ島は、穏やかな海が美しい人気のリゾートです。とにかく、近い!日本から直行便でたったの4時間で、そこはもうトロピカルアイランド! コバルトブルーの海に面した白い砂浜で、ゆっくりくつろいだ後は、マッサージやショッピングに出かけるのはどうでしょう。また、トレッキングやゴルフなども楽しめます。

シンガポールセントーサ島リゾート

4.セントーサ島(シンガポール)
ビーチでゆっくりするだけじゃなくて、アクティブに遊びたい、と言う人にはシンガポールのセントーサ島。2010年にはユニバーサル・スタジオ・シンガポールがオープン。数々のアトラクションの他、スパやカジノも充実しているエンターテイメント王国です。子ども連れでも退屈しないですね。

Langkawi waterfall, Malaysia

5.ランカウイ島(マレーシア)
息をのむようなエメラルド色の海と太古の森が楽しめる、ランカウイ島は数あるマレーシアのリゾートでも人気ナンバー1。日本からの直行便はなく、クアラルンプールかシンガポール経由となりますが、それでも行く価値ありです。

以上、ゴールデンウィークにおススメのアジアンビーチでした。最も混み合う時期ですから、早めに予約、準備しましょう。ビーチリゾートでゆっくりくつろいでリフレッシュしましょう!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  2. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  3. (著作者:Yoshikazu TAKADA) 冬から春に変わりつつある季節の変わり目には、衣替えと…
  4. ネイルアート
    気軽に指先のオシャレが楽しめるネイル。でも、毎回ネイルサロンに足を運ぶと出費が地味に辛いな・・・だけ…
  5. 昔は一歩外で出れば誘惑だらけだと言っていましたが今やネット通販も当たり前のように私達の生活に浸透して…
  6. オリビアって大人のかわいさを持っていますよね!甘い雰囲気なのにクールでかっこいい。 それは彼女のワ…
  7. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  8. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  9. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  10. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…

カテゴリー

ページ上部へ戻る