ゴールデンウイークを快適に過ごすおすすめのコツ

  • 2015/4/24

朝は、まだまだ冷えこむものの、午後になると今度は汗が滲んできて、どうしようかとおもったことはありませんか。けれども、夏にはまだちょっと早い。ゴールデンウィークはそんな時期でもあります。毎朝、何を着ればよいのかとも悩みます。ですが、ファッションに迷うくらいの時期は、実は体もお疲れモードの場合が多いのです。食中毒や熱中症が増えはじめるのも、この頃からです。せっかくの楽しい休暇を不快な症状に邪魔されたくありませんよね。そんな微妙な季節を快適に過ごす二つのコツを紹介しましょう。

①小物づかいに工夫を
まず基本は、なんといっても体温調節です。とはいうものの、一日に何度も着替えるのは、やはり現実的ではないですから、ここは、小道具づかいを工夫してアクセントをつけましょう。すぐに取り外しができる大判のストールや、手袋を持ち歩くのはいかがでしょうか。以前は、冬物のマフラーと春夏にまとうストールは、まったくちがう素材とデザインでした。しかし、ここ数年の流れでは、真冬にオーガンジーをもってきて軽やかさを演出したり、八月の暑いさかりにブーツをコーディネートすることも一般的になりました。だから、軽やかさを感じさせるものを選ぶと、ファッション性をそこなうことなく、自然に体温調整ができます。コットンやシルクの天然素材であれば肌触りがよくておすすめです。冷えるときにはあたたかく、汗ばむときには、むしろ涼しく融通がききます。もちろん近年は、繊維業界の研究が進み、「化繊」といってもあなどれない商品がたくさん出ています。簡単に洗濯ができてその上、すぐに乾燥するのもうれしいところ。

②塩分・水分補給をこまめに
昼間は、急激に気温が上がり、ぼんやりとかげろうが見える日があります。そんなときは、熱中症が心配になってきます。「まだ、夏じゃないし」とおもわれるかもしれません。けれど、つい先日まで使い捨てカイロを貼り付けていたにもかかわらず、いきなり汗をかくのは、体に負担がかかります。というわけで、すこしでも「暑さ」を感じたらこまめに塩分と水分を補給してください。咽喉が渇いた状態がずっと続くと、抵抗力が落ちて風邪をひく原因になりかねません。お気に入りのドリンクを水筒を持ち歩いてもよいですし、喫茶に入ってリラックスするのも、気分がかわってリラックスできまし。また、ドラッグストアに行くと、塩キャンデーや、塩キャラメルのような、手軽に塩分が摂れるものが手に入ります。

おもう存分ゴールデンウィークを満喫するために、体の内側と外側の両方からアプローチして体調を万全にととのえたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…
  2. 温泉地の極上のお宿
    いつもは仕事で忙しく、なかなか一緒にいられないカップルのみなさん!ゴールデンウィークは休みを合わせて…
  3. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  4. いちごジャム
    ○実は簡単!手作りジャム ジャムを手作りしたことはありますか?出来立てあつあつのジャムをアイスクリ…
  5. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  6. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  7. 手ぬぐい
    一枚持つと、普通のハンカチでは物足りなくなる「手ぬぐい」。 使うほどに手触りも吸水量もよくなるし、…
  8. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  9. 化粧水をあれこれ試すも、「なんだかピリピリする・・・」「なかなか潤わない・・・」「皮膚になじみにくい…
  10. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る